2018年12月11日 (火)

HO運転席

Kib181211_2


Kib181211_1

こちらはHOの運転席です。周辺機器類は反対側のN運転席下の奥に、台を作って設置しています。

コントローラー以外にも何かと機材が増えてきました。真ん中の黒い箱がm84デコーダという代物で、3Pのデジタルスイッチの役割をしてくれるというツールです。

まだまだ機能を使い切れませんが、この箱で自動運転にかなり応用が利きそうです。

取り敢えずは、リバースルートのWスリップ再通過の自動選択に役立っています。

これから、自動運転設定の編集に取り掛かります。

事故多発の予感がします・・・。

| | コメント (0)

2018年12月10日 (月)

N運転席改装

Kib181210_1

                                      
Kib181210_2_2


かさ上げによってNレイアウトの運転席周りの視点もずいぶん高くなりました。以前はあぐら椅子でしたが、これからはスツールに変更です。

高くなった分、下のスペースが空いたので、車両などのセッティングやメンテナンスに使うためのスライド棚を設置しました。

ついでに車両ケースの一時置き場も確保し、運転時何かとごちゃつく物を片づけられる用にしてみました。

欲を言えば背もたれ付の椅子でも置きたいところですが、狭いので止めです。

| | コメント (2)

2018年12月 3日 (月)

テーブル照明完了

Kib181203_2

Kib181203_1

Nレイアウトのかさ上げ工事とテーブル照明取付が完了しました。

下の画像が照明ONにした状態です。これで下段のテーブルラインもよく見えるようになりました。

| | コメント (0)

2018年11月29日 (木)

テーブル照明

Kib181129_2

Kib181129_1

脚台座の裏面に照明を取り付けてみました。

2段式になってる為、下段はどうしても暗くなり、せっかくの車両達も映えません。そこで、各テーブルにLEDバー照明を設置しライトアップする作業に取り掛かってます。

試しに2カ所設置し、どんな感じか見てみました。

黄味がやや強いですけが、いい雰囲気となりました。ワイヤレススイッチ付の2段階調光になってますので、操作は便利です。

| | コメント (2)

2018年11月22日 (木)

スイッチもかさ上げ

Kib181122

かさ上げ工事も半分程進んだところです。

Nレイアウトが高くなったので、今後コントロールは椅子に腰掛けて行う事になります。スイッチの位置が低く、操作性が悪くなったのでスイッチ棚を新たに設け、丁度いい高さへと改造しました。

| | コメント (0)

2018年11月 5日 (月)

2段式レイアウトへ

Kib1811052

Kib1811051

脚用の原木がやっと手に入ったので、暫定的にかさ上げしてあったNレイアウトをさらに50ミリかさ上げし260ミリとする工事に着手しました。これで下段の見通しがずいぶん良くなります。

下段テーブルにはメルクリンHO、上段はNレイアウトが乗る、2段式レイアウトへと変化します。

N天板には脚用のネジ穴が配置されていますが、下段に今後、建物を配置する時、脚位置による制限を受けます。

そこで、Nに脚用の専用台座を設け、脚位置をフリーにし、さらに脚の本数を4→3本へと減らします。その脚台座へNレイアウトを乗せる方法に変更しました。

そらに秘策があって、この2重天板の隙間を利用し、そこに角材を差し込み、線路を乗せる仮設ライン(取り外し可能)を設置する事が可能となります。将来、Nレイアウトを借景とした、「エッジライン」を新たに展開することもできます。

| | コメント (3)

2018年11月 2日 (金)

そろそろ雪が

Kib181102

平湯付近は山全体が黄葉で、そろそろ雪がちらつきそうな雰囲気でした。

木によって微妙に色合いが違い、それらが混ざり合い、とても綺麗です。

これが模型で再現出来ればいいのですが、葉っぱのスケスケ感が難しそうですね。

| | コメント (0)

2018年10月24日 (水)

木のホーム

Kib181024

こちらは東駅、プラットホームは集成材の残材から切り出した木製です。まだどうなっていくか不明なので仮設です。

実際はこの上にNの海パネルが乗るので、ここまで見通せないのが残ですけど、HO広げるだけのスペースがあった事でヨシとします。

| | コメント (3)

2018年10月17日 (水)

レイアウト図登録

Kib181016

ルート図を登録中です。画面が小さすぎて老眼にはとても厳しい作業です。

3倍ぐらいに拡大は出来るんですが、もっとデイスプレイを大きくして欲しいもんです。

簡易作図なので、思い通りに線が描けず、ぐにゃぐにゃラインになってしまいます。見栄えを美しくするための修正がとっても大変。コツを覚えた頃には終わりというパターンです。

でも、これが制御盤代わりになるので、とても役に立ちます。Nレイアウトのようにポイントスイッチずらりで、何をどう切り替えたらいいか、時が経つと忘れて大混乱することはなさそうで、有難い機能です。

| | コメント (2)

2018年10月11日 (木)

細長のプラットホーム

Kib181011

スペースの関係で、駅の設置に苦労します。

駅らしく見せるためホームを設置。狭い線路間に、たまたまNのホームがぴったりと収まりましたので利用してみました。駅舎はまだ検討中で先になりそうですが、ホームに灯りも点り、少しは雰囲気も出てきたかと。

| | コメント (3)

2018年10月 5日 (金)

機能する信号

Kib181005

信号を、赤にすると手前で「停車」します。

これが結構役に立ちます。単純にレールの給電を止めるだけの構成ですが、自動運転の要素として欠かせないアイテムとなっています。

絶縁区間に入るとガックンと急停車するのがイマイチですが…、減速させるブレーキモジュールという代物も組み込んでみる予定です。

| | コメント (2)

2018年10月 4日 (木)

煙もくもく

Kib181004

試し運転中~

煙の量、思っていたよりモクモクというイメージです。Gゲージ(LGB)の煙は屋外ということもあってか、蚊取り線香のようで大したことありませんでしたが、こちらの方(メルクリン)はいい案配に感じす。

まだまだ、始めたばかりですが、いろいろ楽しめそうです。

| | コメント (3)

2018年10月 3日 (水)

フィーダ追加

Kib181003_2

安定走行を目指して、フィーダーをあちらこちらに送ってみました。結果は、良好でギクシャクした動きや、サウンドの途切れも改善されました。

週末しか走らせないのですが、レールはかなり汚れます。走りがガクガクするところはセンターレールを掃除するとOKでした。

判りにくかったのは、レール裏側のジョイント端子が接触不良を起こしているカ所でした。線路を何度も付け替えたりしてる最中に端子が変形したのが原因と思われます。

電気系統は線路裏面の端子に接続する仕様なってますが、たいがいユルユルでしたので、しっかり締め直して接続しています。

| | コメント (0)

2018年10月 2日 (火)

はみ出し鉄橋

Kib181002

変化を持たせるための苦肉の策というか、じわじわとテーブルの外へと拡大しているのであります。

テーブルラインは上も下も詰まってるので、橋を架けるにも高さが取れない為、ついに枠外となりました。

テーブル周りの歩くスペースがどんどん狭くなっていきます・・・

過去に歩けなくなるまで拡張し、解体への道を辿った教訓は全く活かされて無いという状況です。

レイアウトの基本要素、駅、トンネル、鉄橋、機関区、ヤード ぐらいまでは揃えたいと考えています。

| | コメント (3)

2018年10月 1日 (月)

コントローラー収納

Kib1810011

Kib1810012

当初からは想定外の出来事なので、コントローラーの設置場所に困りました。

Nのコクピットとは別にしたく、尚かつ見通しが利く場所となると、ココなのですが、人が通れなくなるという問題が発生。

そこで、引き出し式にして、奥に引っ込むようにしてみました。

コントローラーは、セントラルステーションCS3 PLASというものですが、とにかく触ったことも無い未知の物体なので攻略はこれからです。(いろいろ聞かれても不明です)

| | コメント (2)

2018年9月29日 (土)

ちょい置きスタイル

Kib180929

テーブルラインの建物や樹木などは、ベース板の上に作って並べるスタイルにします。

どんなイメージになるか試作してみました。これを線路周りに置きます。もちろん場所は自在に変えられますし、やったことのない雪景色も可能です。

今後、建物が楽しみです。HOは種類も豊富ですから。

| | コメント (2)

2018年9月27日 (木)

かさ上げきのこ

Kib1809281

Kib1809282

沢山余ってる端材で、大量に作った「きのこ」みたいな物体。かさ上げ用に使います。

プランとしては、脚を長いものに取り替えるか、何かに乗せるかですが、脚に使っている「コナラ原木」が冬にならないと店頭に並ばない商品なので、しばらくはこのスタイルでいきます。

これでクリアランス高さ193ミリです。あぐらスタイルで大体見通せますが、まだ不足気味です。上げすぎるとNの方に影響が行くので、丁度いい高さ設定を模索する必要有りです。

| | コメント (2)

2018年9月26日 (水)

ルート探索

実際に線路を置いてルートを決めに掛かります。

Nレイアウトの周りを通すプランとなります。ここは、まだ何も作っていないのでスイスイと行けます。

Kib1809261_2

大胆にも、Nのスイッチ前を通過~操作中は要注意! もともとココにテーブルが設置してあるということは、企みは以前から進めていたのです。当時はテーブルラインはNを想定した計画でした。

まさか、メルクリンをやるとは全く予想もしていませんでした…

Kib1809262

海パネルの下は、どこを走ってるのか、ほとんど見えないトンネル状態。逆にトンネルを設置できないので丁度いいかも。

Kib1809266

最悪、テーブルそのものが無い…

集成材天板の幅が90センチなので、こうなっています。ここは継ぎ足しでクリアする計画です。

Kib1809264

脚が邪魔~でも、後から来た方が避けて敷設です。しかも、Nレイアウトを接続、分離するためのスライドスペースも確保する必要有りなので、相当やっかいです。

Kib1809267

製作中の海上コテージテーブルの下を抜けて… テーブルエッジをギリギリ通過するので、振動で車両が転落する可能性十分な危険なレイアウトです。

Nの方も安全ではないですが…

Kib1809265


駅の下が駅という設定です。5両ぐらいは停めれそうです。

Kib1809263

ざっとこんな感じで、一周22メートルぐらいとなりました。

最大の難点は、2段レイアウトで見通しが悪いという事ですが、これは当初から分かってる部分なので妥協です。

視線はHOが床にあぐら、Nが低いスツールという感じとなります。上段とのクリアランスが150㎜なので、嵩上げをして少しでも目が届く範囲を増やす対策をとります。




| | コメント (4)

2018年9月25日 (火)

テーブルライン着手

Kib180925

Nレイアウトを乗せている広いテーブルを眺めていると

「ココ何かに使えるなぁ」…「この空間もったいないなぁ…」

ということで、簡単(?)そうで奥の深そうな[メルクリンHO]を展開する流れとなりました。

きっかけは、模型仲間のお宅にお邪魔した時、デジタルの楽しさに魅力を感じ、熱が冷めないうちに取り掛かった次第であります。

取り敢えず、基本エンドレスが組めるぐらいの線路を調達したので、ボチボチと進めていきます。

情報(日本語の)が有りそうで無さそうですけど、模型の世界「触ってれば何とかなる」ぐらいの軽い気持ちで初めてみました。

それより、線路を敷く前にクリアしないといけない課題が幾つか有りますので、その解決策からスタートです。

| | コメント (0)

2018年9月18日 (火)

新中継パネル

Kib180915

Kib1809152

島と島の間へ設置。

手前に建つ崖ホテルの一部という設定で、海上コテージを予定しています。

海面を出来る限り広くとりたい、という欲が出て大テーブルからはみ出しそうですが、なんとかギリギリ収まっています。

このテーブルのおかげで、周囲が歩きやすく(引っ掛からない)なりましたが、これでは元の木阿弥となりそうです。


| | コメント (0)

«海パネル追加製作