2017年3月29日 (水)

鉄橋修理

Kib170329

庭も手入れが必要で、その最中に出っ張っている物が足に引っ掛かったりして破損するケースが多いです。

このポニートラスも破損した2カ所の分を繋いで、1つの橋へと改造し再利用しました。色は濃いめのグレーに塗装してみました。

この色調ですが、試しに明るいグリーンとか赤に塗って設置してみましたが、この庭の中ではそこだけが浮いて違和感が有るのと、車両がもともと派手な色使いのため、橋の色と競合する感じで印象もいまいちでした。結果的に無彩色系となりました。

| | コメント (1)

2017年3月23日 (木)

春花壇

Kib1703232


Kib1703231

ルート変更が終わったところで、石の背景に枕木を入れました。というより、以前の状態に戻りました。

ただ中古枕木が入手できず、今回は新品(枕木ではない)で我慢ですが、かなり風合いが違います。

この春の花壇は「イエロー」と「パープル」の色分にしてみました。チューリップと水仙の芽も成長し、これから花で賑やかなベストシーズンを迎えます。

| | コメント (0)

2017年3月22日 (水)

ルート変更たびたび

Kib1703221


Kib1703222


Kib1703223


このルートは何度も変更している場所で、今回は思い切って芝エリアへはみ出してみようという企みです。

三角石の外側を通すため、最小曲線R1(600R)を使って引き出します。同時に駅のポイントをR1からR3に入れ替え窮屈さを解消します。

大掛かりなのは、ステップに使っていた石の組み替えです。石は小さく見えても重いし、腰にきますので要注意です。車両の内輪差でぶつからないようギリギリを狙って置きます。

芝エリアは空中(30センチ高)を通りますので、御影の石柱とコナラ原木を橋脚にした高架方式とします。

高架の横桁の設置が不安定だと、重い機関車が通過する度に、フラフラ揺れて転落の危険有りですので、この対策も考えないといけません。

| | コメント (0)

2017年3月21日 (火)

庭園鉄道 春のメンテナンス

Kib1703211

Kib1703212


Kib1703213


3年間、放置していた庭園鉄道は簡単には走ってくれません。

①集電の回復 ②ポイントマシンの復旧 ③線路の凸凹直し ④木部の入替 という段取りで復旧を進めていきます。

先ずはレールクリーニング。フローリングモップにウエスを巻き付けレールを雑巾がけ、クリーナーで表面を軽く研磨してテスト走行。

ギクシャクしながらも走るのには驚きです。所々、集電不良箇所のジョイントを掃除しながら試走を繰り返し、無事エンドレス周回を完了です。

ジョイント部の集電不良対策は電気的に接続してやれば解決するのですが、線路配置をよく変更するのと、路盤のメンテナンスのため未だに実現していません。今のところジョイントに導電ペーストを塗布してしのいでいます。導電ペーストをもっと性能の良いのに変えれば解決するかも(そのうち試そう・・・)

3年経過で路盤が波打ってきてます。走らせて特に気になる箇所だけ補修することにしました。コンクリートブロックを一旦取り外し地面をならしてレベル調整します。

ポイントマシンは泥汚れを取ってあげたらちゃんと動きました。結構タフです。信号用のマシンは構造は同じようですが固まって動かずでした。分解清掃にて復帰しました。

それより、信号機を踏み倒して腕が無くなってたりとか、芝の刈り込みでコードも切断したとか、ランタンを蹴飛ばして行方不明になったりとか、橋に引っかかりトラスが折れたりなど、自然よりも人的なダメージの方も大きいのです。

| | コメント (2)

2017年2月20日 (月)

街に緑を植える

Kib170220_2

Kib170220_3

大まかな部分が終わったので、ここから植樹作業に取り掛かります。

建物だけが並んだ味気ない街も、木を入れるだけで風景になります。市販の木を試しに置いてみたらイメージがぴったりでしたので、この街はモコモコ仕様の木で揃えることにしました。

サイズ違いの自作品も取り混ぜ、自分なりの最適配置を目指します。建物との絡み、走る車両との干渉やメンテナンスの邪魔にならない位置、テーブル全体を見た時の景観も配慮した結果、25本程度に収まりました。

| | コメント (2)

2017年2月 8日 (水)

プロムナード

Kib170208

運河沿いの散歩道になるところです。これから細部の製作というより「粗隠し」工作に入ります。

段々と手が入りにくく、しかも中腰スタイルになる事が多いので「腰痛」に注意であります。細かな部品が袖に引っ掛かって、作りながら壊している状況にも陥ります。手を入れる時は「ゆっくり」が壊さないコツのようです。

| | コメント (0)

2017年2月 7日 (火)

運河へ続く階段

Kib170206

平べったいレイアウトなので、各所に階段を設置して少しでも立体感を出します。

一番低い位置にある運河へは、様々なルートを通って行けるようにしています。階段は市販品を利用しています。

| | コメント (2)

2017年2月 2日 (木)

時計塔広場

Kib170202

まだ建っていませんが運河の三角スペースに時計塔(トミーテック)を設置するため、小改造を加えているところです。

この三角地は他のごちゃごちゃ感から離れ、ほっとする場所となりました。渡る橋はFALLERのカーブアーチ橋(改造)で、路面線側にファイバーのイルミネーションを仕込んでいます。

| | コメント (1)

2017年2月 1日 (水)

モコモコの木

Kib170201

島ごとに植える木を変えて個性をだしていますので、この島(運河のある街)はモコモコの丸みのある木(常緑広葉樹のつもり)を植えて存在感をだしていきたいと思います。

自作と市販品を混ぜています。植え込む位置に合わせて、大きさと色合いを作り分けています。

木、一本でずいぶんと雰囲気が変わってきます。調子に乗って沢山植え込むと、肝心な建物や列車が隠れて見えなくなってしまいますから、程々のところに抑えます。

| | コメント (2)

2017年1月27日 (金)

路面バリエーション

Kib170127

路面エンドレスの敷石が単調にならないように、場所によって変化させてみました。

この部分ではトンネル、歩道、緑、運河と小細工してみましたが、普通に眺めてると周囲の景色に馴染んで、そんなに気がつきません。

敷石とレール(外側)の隙間はパテ埋めを予定しています。こうした隙間埋めの箇所がまだずいぶん残っていますので、地道な作業が続きます。

| | コメント (2)

2017年1月18日 (水)

面倒な分割構造

Kib170118_1

Kib170118_2

Kib170118_3

Kib170118_4

7番テーブル「中央駅とヤード」は全長2400ミリ有るため分割構造としています。

しかし、この分割というのがとてもやっかいなのです。しかも駅は高架で下をヤードとして利用するため2段構造となっています。

上下で線路を分離⇔接続する必要があります。目に見える場所はレール同士をダイレクトで差込も可能ですが、下段は見えないので分離は可能ですが、接続時はジョイナーがズレたりしてると破損します。

スライドレールを使うも、手が入りません。で、天板の下からレールを差し込もうとしましたが、天板のジョイント材で下からもアプローチ不可能という八方ふさがり状態に。

そこで、専用の治具を作り高架の隙間へ手を突っ込んでスライドレールを差し込む事で決着しました。

分割にすると線路だけでなく、ホームやバラストなどの処理、電気的な接続など面倒な事ばかりが発生してきます。いっそのこと一体化にと思いがよぎりましたが、ここは「持ち出せる」というコンセプトを曲げず進むのみであります。

この先「やまなみライン」では、これとは比較にならない程の面倒な分割構造が待ち構えています。

| | コメント (2)

2017年1月16日 (月)

雪の庭園鉄道

Kib170116_1

Kib170116_2

Kib170116_3

日曜日、この地方(名古屋)では久々の積雪となりました。

庭園鉄道は長期休眠状態となってるため、ストラクチャーは小屋の中に入れていましたが、積雪予報とのことで、前日に小屋から出して「雪景色」の準備に入っていました。車両までは準備できませんでしたが…。

雪が積もる事も少ないので「雪と休み」両タイミングが合わないと、このシーンに巡り会えません。

線路もスッポリと雪に埋もれています。メンテナンスが出来ていれば、この程度の雪なら走行させる事は可能です。真ん中の写真、ポコポコの下は花壇で今シーズンはビオラと水仙が植えてあります。雪にもめげず春には花を咲かせてくれるでしょう。

今年は、放りっぱなしの庭園鉄道を整備して、花が満開になる4月頃には再開通させる予定でいます。

| | コメント (0)

2017年1月13日 (金)

キャンドルライト

Kib170113

建物前の広場にチラチラ光ってるのがテーブルキャンドルです。

LEDにゆらぎ回路を4系統組み込んでますが、思うように灯りがバラつきません。またたきがだんだん揃ってくるのです。一斉に同じタイミングまたたくと、笑えてきます。

キャンドルの色らしくするため、2色のLEDを組み合わせてみましたが、アルミチューブの中で色が混ざるので期待した効果は得られませんでしたが、賑やかさが伝わればヨシとします。

このテーブルではビーズシャンデリア、橋のイルミネーション、テーブルキャンドルの3カ所にファイバーを使ってみました。

| | コメント (2)

2017年1月10日 (火)

橋イルミネーション

Kib170108

運河の街テーブルです。

ファイバーの先にLEDを組み込みましたので、試験点灯です。水面にアーチの明かりが反射するオマケ付となりました。

橋の内側だけに仕込んでいますので、ついついのぞき込みたくなります。

| | コメント (2)

2017年1月 7日 (土)

まちなみ台枠

Kib170107


まちなみラインの台枠まで完成です。直線部に中央駅が入ります。高架式のホーム2本と6線、下はヤード(5線)として使えるように活用します。

中ほどにある橋立のようなテーブルは、しまなみラインからの分岐ルートが通ります。Wスリップを時計回りに壁を抜けると駅へ入線、反時計回りだと駅を通過するコース取りになります。

壁の向こう側は、今後製作予定の「やまなみライン」へとつながる併用区間となっています。

| | コメント (2)

2017年1月 6日 (金)

中継橋脚

Kib170106

「しまなみライン」から「まちなみライン」へ渡る鉄橋で、途中で少し曲線が入ります。

曲線部はKATOのガーターを改造し、レールをTOMIXに乗せ替えて使っています。まちなみラインに入ると鉄橋カラーもダークグレーへと変わります。

この鉄橋下の空白スペースですが、当初ここに新たな島「フラワーアイランド」を増設するために台枠まで作ったんですが…

実際置いてみると、レイアウト全体が息苦しく感じる、シーンの視覚的チェンジが悪いなどで、ボツにしました。

空白スペースは想像の海(空間)として重要なのでありました。

| | コメント (2)

2017年1月 5日 (木)

看板新調

Kib170105

新年を迎え「しまなみライン」専用の看板プレートを新調しました。

昨年、イベント(クリエーターズ・マーケット)で手書きレトロ看板のブースがありましたので、そこで作ってもらったプレートで、これが2枚目となります。

次は「やまなみライン」を作ってもらおうと考えています。

| | コメント (0)

2016年12月28日 (水)

運河タウン

Kib161228

ベニヤ露出部が埋まり、このエリアはこんな感じとなりました。

これから細かなアクセサリー類をごちゃごちゃ置いて、観光の街という雰囲気を狙います。街灯や建物は、解体した旧レイアウトからの移植品で、ここが再活躍の場となります。

この街灯の設置に、かなり手こずったのであります。

景色を見ながら最適な位置を探りたいのですが、構造上、後からコードを引き抜く事が出来ないため、「ココ」だという直感で位置決めし、先にコードを通す工程で進めました。

後で、やっぱりこっちの方が・・・と気軽に修正出来ないのがやっかいでした。

| | コメント (1)

2016年12月27日 (火)

台座組み立て

Kib161226

まちなみラインの中央駅とヤードを置くテーブル台座を作っています。

中間棚にはコントローラーやポイントスイッチ類をずらりと並べる計画です。

しまなみラインのコントローラーも反対側に並んでいますので、操作機器に取り囲まれるコクピットのような感じを出してみようと企んでいます。

| | コメント (2)

2016年12月15日 (木)

テーブルキャンドル

Kib1612141

Kib1612142

海に面する広場はテーブルがぎっしりと並ぶ、賑わいのあるシーフードテラスとします。
テーブル上のキャンドルにも火を灯す計画です。

ファイバーをテーブル下から貫通させ、そこにガラスビーズを差し込んでキャンドル風にしようという企みですが、イメージ通りに実現するか相当怪しい計画となっています。

この、どうなるか作ってみないと分からないのが面白いところであります。

| | コメント (0)

«スポット&ダウンライト増設