2019年5月10日 (金)

新たなテーブルPLAN

Kib190509

しまなみラインの入替テーブルを製作する計画です。

現在の「風車とひまわりの丘」と将来ローテーションを組む予定です。プランと言っても図面があるわけではなく、落書き程度のフリーハンドの図1枚からスタートします。

この落書き図面が基本設計で、良くも悪くもレイアウトの全貌がここで決まります。意外と思えるかもしれませんが、この絵が描けると思考時間を含めた、全工程の半分が終わった感があります。後はどんどん作っていくだけです。

この落書へたどり着くのに、多くの思案と、今まで積み重ねた失敗体験やら、完成までの工程経験を活かします。が、実際に作り始めないと分からない課題がいつも発生してきます。それを一つずつクリアしていくのが、また楽しいのであります。トラブル大歓迎なのです。

同時に資材の調達可否、ストラクチャーが入手可能かなども押さえておく必要有りで、特にストラクチャーは欧州物を使うコンセプトなので要チェックです。気に入っても入手出来ない事が多々ありますので。

この案のモチーフは、北欧の海辺(ベルゲンなど)です。静かな海面と港町、海を内側に配置したのが特徴で、OUTコーナー、INコーナーそれぞれの海岸線を通過する列車を見どころとする要素を入れます。

エリアの半分は丘にして、点在する家々に花の庭を作ります。丘全体はモコモコの木で覆うイメージでいきたいと考えています。

ゆるめのカーブを設置するため、テーブル面積も拡張する必要があります。しかしながらテーブルの大きさに制限を設けていますので、今作では手間の掛かる2分割構造を採用します。コンポーネント式なので電気接続の共通性なども考慮する必要がありますし、車に積めるかも事前に検証しないといけませんので、まだまだハードルは幾つもあります。この辺は作りながらの現物合わせにて進めていきます。工期は、先に収納スペースを確保する整理整頓から初めて、秋から着手し1年半ぐらいでの完成を目指します。

| | コメント (1)

2019年4月25日 (木)

青く浮かぶ夜景

Kib1904252

Kib1904254

Kib1904253

Kib190425

久々に夜景を眺めると、以前よりずいぶん印象が違う事に気づきました。HOテーブルのLED照明の効果だと思います。

周囲というか、足元が明るくなり、くっきりと浮かび上がるようになりました。部屋の灯りも、真っ暗にするより調光で薄明かりにする方がいい感じの雰囲気になり夜の世界にはまります。

| | コメント (0)

2019年4月24日 (水)

HO駅舎

Kib190423

HOライン西駅に設置する駅舎です。Nと比べると容積は大きいですが、建物の規模としては普通サイズです。

大きい分、強度はありませんので、持ち上げる時に気を遣います。N、HO、Gゲージと幾つか組み立ててきましたが、かなり性質が違います。個人的にはNのストラクチャーがお気に入りです。

| | コメント (0)

2019年4月22日 (月)

GW 岐阜のイベントに出展します

Kib190422

Kib190422_2

今年も縁あって地元の鉄道イベントに出展します。

会場はJR岐阜駅前の岐阜シティータワー43で

ファミリー向けの内容となっています。

[日程]

・ぎふ鉄道博物館 Vol.14 

  ※木こり鉄道の出展日は 5月3~5の3日間

   AM10:00~PM4:00です

・会場:岐阜シティータワー43 1F 2F

  ※木こり鉄道の展示は2Fになります

・入場無料

・イベント詳細は下記です

  http://www.gifucity-tower43.jp/info_event/gifutetsu_museum/index.html

岐阜市の方へお出かけの機会がございましたら、お立ち寄りください。

 

| | コメント (0)

2019年4月16日 (火)

留置線追加改造

  Kib190415_1

  Kib190415_2

すっかり定番となった「改造」

HOラインの車両をやり繰りするため留置線を設けたいのですが、空きスペースが有りません。考えを巡らせてるうち発見したのが、Nコントロール台座の隙間。

ここならいけると、改造に着手です。脚パネルをカットして台を2つに分離、トンネルのように脚をくりぬいて完了です。ここに2本の線を通します。

この改造で、自動運転中の列車を別のに交換する事が簡単に出来るようになります。

やりたかった「自動プラス手動」運転が実現します。が、肝心の車両がまだ揃ってないというのが実状ですけど。

| | コメント (0)

2019年4月 8日 (月)

イメージチェック

 Kib190408_1

Kib190408_3

今までは自宅にてコツコツと作っていましたが、レイアウト本体へ仮設置してイメージ確認してみました。確認したところで、いまさらどうしようもないのですが…

常設では中央駅への接続セクションへ設置しますが、ゲート部は分離構造なので、展示会など出展時は、他のユニットに組み合わせて設置します。

下段のHOラインも増えたので、視覚的に「ごちゃごちゃ」感が強くなってきました。

| | コメント (0)

2019年4月 6日 (土)

ゲート石畳張り

Kib190406

こちらはワールドゲートの裏側というより、正面から入った側で、外観のイメージはこんな感じです。

手前に他のセクションが続く構成となります。

石畳板をカットして寸法合わせ中です。これから細部の工作へと進みます。

| | コメント (0)

2019年4月 5日 (金)

開始がスムーズに

Kib190404_2

Kib190404_1

新たに設定された終了モードで、続きからの再開がスムーズにできるようになりました。

これまでは自動運転が設定されてるので、起動すると終了時に停まった位置によっては、うまくスタートできなく大混乱に陥っていたのですが、現状維持にてシャットダウンできる設定が(画面角にHALTと表示されることに最近気が付いた…)可能となりました。

これで続きからスムーズに再開できるようになったためストレスが無くなりました。初めから「そうしといてよ」と言いたいところですが、まだまだ機能を使いこなせていません。

 

| | コメント (0)

2019年4月 4日 (木)

HOライン用モニター設置

Kib190405

2段式レイアウトとなった下段のテーブルライン(HO)ですが、運転席から見づらいエリアが有って、のぞき込んで見ていました。

その対策としてモニターを柱に取り付けて、様子が判るようにしてみました。これで、首をかしげてのぞき込まなくてもよくなり首筋を痛めずに済みそうです。

| | コメント (0)

2019年4月 3日 (水)

ワールドゲート配置決め

Kib190403

細かなところはカッ飛ばして、先に建物の配置を決めなければ始まりません。良くも悪くも、このセクションの運命が決まる段階です。

いろいろなパターンの組み合わせを試し「ヨシ!これで行こう」という決断が下せるまで、自分なりに「いい並び」を模索します。

センターの塔をかさ上げして中央部はこれで決まりです。両サイドにも1軒ずつ並べます。

この後は、面倒なLEDの仕込み作業に入りますが、かなりやっかいな事になりそうな予感がします。

| | コメント (0)

2019年4月 1日 (月)

ホーム追加改造

Kib190401_1

Kib190401_2

西駅の2本ある線を1本追加し3線とする改造工事をしています。

これ以上テーブルを広げないことが大前提となっていますので、内側に設置することに。そこで、Nの台座をえぐり取って、そこへ線路を通すことにしました。

同時に信号とブレーキングモジュールも追加しますが、これが結構手間取るのであります。信号はmfxで自動認識ですが、付属の遠方信号までは認識されないのでCVから選択する必要有りでした。面倒なのがブレーキの配線です。先日のアップデートでブレーキマクロが使えるようですが、まだ未知なので、今回は従来のを設置します。配線図はブレーキの方ではなく信号機の方にあるので迷います。

この改造にともなって、ポイント2本の追加と線路の取り回しの調整が必要ですが、ここでNとは勝手が違うのが「プログラムの修正」です。ハードとソフトの両面の更新が必要となります。路線図も修正しないといけないので、少しの改造でも何かとやる事満載です。

 

| | コメント (0)

2019年3月30日 (土)

ゲート用ストラクチャー

Kib190330

木こりワールドへのメインゲートとなるユニットを作ります。

そこで使うストラクチャーの選定をこの5件にしました。これらのキットを集合させて、ゲートらしく見せようという企みであります。

とにかく、作りながら最適なイメージを求めていく方法で進めますので、完成姿がどうなるか現時点では不明です。35✕15センチのスペースにギッシリと詰め込む感じとなります。

ユニット構造なので移設が出来る「どこでもゲート」といった作りにし、イベントなど出展時は、常設位置とは違ったセクションへドッキングさせたりする計画でいます。

| | コメント (0)

2019年3月12日 (火)

フェンス取り替え終了

Kib190306_1


Kib190312_1

フェンス取り替え東側が完了です。木からアルミにしました。

どことなく味気ない感じになってしまいましたが、今までの木製ルーバーはメンテナンスに手間も掛かり最終的には木が腐って取り替えとなりました。先々、体力が衰えていくばかりなので手間いらずのアルミにしてみました。

味気なさの対策としては、フェンス内側に低い木で作った「やまなみフェンス」を立てる企みでいます。

この工事により、庭園鉄道の外周レールを撤去したので、少しコンパクトに作り直すことにしました。

続けて南側のフェンスも取り替えに着手しますが、製品の切り詰めが必要なので難易度が高そうです。

このDIYで浮かせた施工費は模型に回そうと、しかし、腰が痛くなったので治療費でチャラという落ちかも。

| | コメント (0)

2019年2月28日 (木)

水上コテージ完成イメージ

Kib190227_1

Kib190227_2

まだ完成ではありませんが、レイアウトに組み込んでイメージ確認してみました。

見る方向により様々な表情が現れ、小さいながら存在感有です。

これから細部を作ったら出来上がりです。その後は、ワールドゲートの製作に着手する予定です。

| | コメント (2)

2019年2月26日 (火)

フェンス取り替え

Kib190226_1

Kib190226_2

ウッドフェンスが老朽化したのでDIYで取り替えることにしました。

かれこれ10年程経っていますが、昨年の台風でダメージを受け、次また襲われるとバラバラになりそうな状態なので、蚊が出没しないうちに工事に着手しました。

週末しか進まないので時間は掛かりますが、先ずは撤去からスタートです。

Gゲージの線路も一旦取り外します。このルートは、「邪魔」とか「けっつまずく」とか、何かと評判が悪く、これを機に飛び出してるところを撤去する事にしました。

新たなルートに改造するのは、秋以降になりそうです。

| | コメント (0)

2019年2月25日 (月)

メルクリン CS3

Kib190225_1

Kib190225_2


コントローラーのバージョンアップで、丸メーターが出るようになりました。もう慣れたので今更ですが、雰囲気はとても良くなりました。

イベントの機能にコマンドが追加されました。「AND」「OR」「IF」など、今までアイテムの条件を駆使し、あれこれ試行錯誤の泥縄式でやっていましたが、これでスッキリと行けそうな予感がします。

ただ、まだ見ただけで実践してないので何とも言えませんが…。PCでマクロビルダーなど使って見える方は得意かと感じます。

バージョンアップ部分が日本語になってないのがイマイチですけど、このコントローラー進化していくところが面白いです。

| | コメント (0)

2019年2月15日 (金)

コルク岩

Kib190215_1

Kib190215_2


水中が終わり、次はパネル上の製作へと進みます。

岩はいつものようにコルクを使います。解体したレイアウトから採ったコルクを再利用し、地形に合いそうなのを探してカット。後はクリアー系の接着剤で固定です。

狭い海がより狭くなってきましたが、スペースにはどうしても限りがあるので、配置などを工夫して、想像で広く見せる様にします。

| | コメント (2)

2019年2月12日 (火)

海中部終了

Kib190205_2


Kib190205_1

海面着色は、レイアウト全体を同じ感じで仕上げて来てるので、さすがに楽になりました。
仕上げはジェルメディウムで底艶を出しておきます。これで海中部の工作は終了ですが、抜け落ちが無いか最終チェックをしたら、アクリル板を接着し封印となります。もう後戻りは出来ません。

| | コメント (0)

2019年2月 4日 (月)

HO運転席拡張

Kib190204_4
↑[改造前]
Kib190204_3
↓[改造後]

Kib190204_2

HOの展開は想定外でしたので、運転席のスペースがなかなか確保出来ません。

そこで、無理矢理スペースを造り出すための改造に踏み切りました。

ベンチの一部を撤去、収納も兼ねていたので、それも見直しを掛けました。これで全面解決とまではいきませんが、広くなったので操作も楽に出来るようになり、人も通れるようになりました。

これで、HOはあぐらスタイルで、Nはベンチか椅子に腰掛けてというスタイルが確立しました。視線をセパレートしたので、NとHOの混在もさほど気にならなくなりました

| | コメント (2)

2019年2月 1日 (金)

ファイバーライトアップ

Kib190201_1

Kib190201_2

Kib190201_3

桟橋沿いをライトアップするため、ここでもファイバーを使ってみます。

細いドリル刃の長さが集成材(18ミリ)を貫通出来ないので、裏側に溝を掘ってから穴開けです。

ファイバーの固定は、エポキシ接着剤をその溝に盛り込みます。ファイバーを束にまとめ先端を切りそろえたらアルミ管に突っ込み、反対側からLEDを差し込み完了です。

点灯すると、並びがガタガタですが、ここはこれでOKです。

| | コメント (0)

«海パネル続き