2019年2月15日 (金)

コルク岩

Kib190215_1

Kib190215_2


水中が終わり、次はパネル上の製作へと進みます。

岩はいつものようにコルクを使います。解体したレイアウトから採ったコルクを再利用し、地形に合いそうなのを探してカット。後はクリアー系の接着剤で固定です。

狭い海がより狭くなってきましたが、スペースにはどうしても限りがあるので、配置などを工夫して、想像で広く見せる様にします。

| | コメント (2)

2019年2月12日 (火)

海中部終了

Kib190205_2


Kib190205_1

海面着色は、レイアウト全体を同じ感じで仕上げて来てるので、さすがに楽になりました。
仕上げはジェルメディウムで底艶を出しておきます。これで海中部の工作は終了ですが、抜け落ちが無いか最終チェックをしたら、アクリル板を接着し封印となります。もう後戻りは出来ません。

| | コメント (0)

2019年2月 4日 (月)

HO運転席拡張

Kib190204_4
↑[改造前]
Kib190204_3
↓[改造後]

Kib190204_2

HOの展開は想定外でしたので、運転席のスペースがなかなか確保出来ません。

そこで、無理矢理スペースを造り出すための改造に踏み切りました。

ベンチの一部を撤去、収納も兼ねていたので、それも見直しを掛けました。これで全面解決とまではいきませんが、広くなったので操作も楽に出来るようになり、人も通れるようになりました。

これで、HOはあぐらスタイルで、Nはベンチか椅子に腰掛けてというスタイルが確立しました。視線をセパレートしたので、NとHOの混在もさほど気にならなくなりました

| | コメント (2)

2019年2月 1日 (金)

ファイバーライトアップ

Kib190201_1

Kib190201_2

Kib190201_3

桟橋沿いをライトアップするため、ここでもファイバーを使ってみます。

細いドリル刃の長さが集成材(18ミリ)を貫通出来ないので、裏側に溝を掘ってから穴開けです。

ファイバーの固定は、エポキシ接着剤をその溝に盛り込みます。ファイバーを束にまとめ先端を切りそろえたらアルミ管に突っ込み、反対側からLEDを差し込み完了です。

点灯すると、並びがガタガタですが、ここはこれでOKです。

| | コメント (0)

2019年1月28日 (月)

海パネル続き

Kib190128_1

Kib190128_2

昨年9月の続きから製作再開です。

しばらく時間が経つと、どう作っていくのか記憶を呼び戻す段階からのスタートとなります。

ここには水上コテージを作っていきます。設定はNo.1テーブル「崖に建つホテル」の別棟で船でしか行けないコテージ棟ということにします。

海面は定番のアクリル板で、4ミリの海中空間から作ります。橋脚の土台部はマグネットを埋め込んで、海上部と分離して移動時や設置時に簡単に取り外しできる構造とします。

珊瑚の砂浜部分はパテ埋め、岩礁はコルクを使用します。岩の海中部はアクリル板にしてライトアップしてみます。

前回の海パネルで作ったポコポコ島と同じ仕様で、裏側からLEDを差し込みアクリル板を照らす方法です。

規模は小さいですが、要素は一通りあるので手間は掛かりそうです。

| | コメント (0)

2019年1月15日 (火)

テーブルBOX収納台

Kib190115_1


Kib190115_2

テーブルの下はホコリの巣窟となってます。

その対策として、台を箱にしてクローズしようという作戦です。

レイアウトにとってホコリは大敵なんですが、今の状況は、とにかく掃除がやりにくく、特に箱と床の隙間に溜まったホコリは掃除機ぐらいでは吸い出せなくて、たまり場と化しています。

こうなったらテーブル下を大改造し、掃除をし易く収納も兼ねたテーブル台を作ってみようと、先日より改造に踏み切りました。

最初から作ってれば、そんな手間の掛かるものではありませんでしたが、途中改造なので半端なく手間取ってます。もう気長にやるしかありません・・・

こんなことで、レイアウト製作の方がなかなか進みませんけど、トータルコーディネートとして環境整備も大切な要素なので、完成を楽しみにこれから進めます。

| | コメント (0)

2019年1月11日 (金)

コントローラ置き

Kib190111_1

Kib190111_2

かさ上げ工事の影響で、しまなみラインのサブトラックを操作するコントローラーを置く場が無くなってしまいました。

そこで、専用の台を作って対応することに。

ところが、脚だらけで見苦しくなってしまいます。そこで、先々このコントローラー台をコルク岩トンネルに架装して、脚だらけの解消とします。

2019年も、やりたいことは満載にあるんですが、先ずは作りかけになっている、しまなみラインの小テーブル2台の作成を再始動させます。

あと、HOレイアウトの運転台付近が手狭で、人が行き交うことすら出来ない状況に陥っていますので、なんとかこれも解消したいと考えています。

本年もよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2018年12月25日 (火)

事故から学ぶ自動運転

CS3のイベント設定に関する事例情報が乏しい中「触ってればそのうち解る」という自己流にて進めています。

現在、6編成を信号制御とからめ自動走行(2~5列車同時走行)させていますが、イベント設定中には様々なトラブルが発生!

それらを解決させているうち、コマンド設定の勘所みたいのもが、なんとかつかめてきました。

[正面衝突!]
Kib181225_1

アナログとは勝手が違い、どちらへも走るため油断してると本当に正面衝突します。

単線エンドレスなので、信号の切替わりミスでこうなります。駅2カ所でスレ違い運転させていますが、運転中あれこれ設定編集をしていると、続きから実行される訳ではありません。

駅到着時、上下ともに青になり先でぶつかったとう事故です。

[オーバーラン!]

Kib181225_3

シャトル設定のミス。

コマンドの間違いでした。

発車>リバース>発車の時に、これも特に説明書があるわけでは無いので最初解らなかったのですが、方向制御の登録アイコンで[←→]を選択すれば自動に逆転して走りました。

[側面衝突!]
Kib181225_2

あわや転落という最悪の事態となるところ、ぎりぎりセーフ。

コンタクトレール(センサー)の接触不良かと思われますが不明です。コンタクトOFFなら信号→青のコマンドですが、車両が居る(車輪は乗っている)のにOFFになった…。

レールの掃除と、付近にフィーダーの追加をしてみたところ、今のところ未発生です。

[追突!]

Kib181225_5

これは前の列車が、信号「青」にも関わらず発車しなかったというもの。

集電不良や、立ち上げ時に列車のスピードが0になっていたというボケで発生。センターレールの掃除をこまめにやるしかありません。

不思議なのは走らせていると、どんどん調子が出てきます。

[接触!]

Kib181225_4

発車しないはずの列車(ガラスの方)が出発し事故に…。

条件設定の見込が甘かったのが原因。

自動運転も1パターンならこなれてきますが、違うパターンを混在させたり、マニュアルで走らせたりすると、設定の粗が出ます。

これはセンサーを違う列車が踏んで、コマンドが実行されたのですが、それを避けるべく、条件(継続・停止)を登録する時に、考えが及ばなかった…。

条件設定で、他の車両が踏んでも、というよりこの車両だけ動作する特定条件(ポイント方向、センサー状態)を見つけだし、それらを複数入れて解決です。

自動実行は「そう来たか~」という事がよくありました。 今後は事故に気をつけながら、違うパターンの登録をしていく予定です。

このイベント設定にはまると時が経つのを忘れます。

| | コメント (2)

2018年12月21日 (金)

ポイント位置見直し

Kib181221_1

自動運転の設定をしながら試運転を繰り返しているうち、いろいろ不具合が見えてきました。

先を考えてなかったため、駅への進入ルートが共用のため同時走行できないことが露呈。

変更後↓
Kib181221_2

そこでポイントを移設し分離走行できるように改良。テーブル脚位置も移動させています。

反対側↓

Kib181221_3

こちらも、あまり考えを巡らせなかったので現実には機能しない線路配置となってました。

変更後↓
Kib181221_4

ポイントの位置変更。こちらもテーブル脚に干渉するため、脚位置の変更が必要です。ところが、台座天板の大きさ不足で簡単にいかず、天板を改造しての大事となってしまいました。

レイアウト上でのポイント入替はコードもないので実に簡単ですが、CS3の路線図変更やらイベントの設定変更の方がずっと手間が掛かりました。

これで、終端折返しシャトルも、Wスリップからのリバースシャトルもスムーズに行えるようになりました。

次はエンドレス2本の組み合わせによる自動運転設定に入ります。

| | コメント (2)

2018年12月11日 (火)

HO運転席

Kib181211_2


Kib181211_1

こちらはHOの運転席です。周辺機器類は反対側のN運転席下の奥に、台を作って設置しています。

コントローラー以外にも何かと機材が増えてきました。真ん中の黒い箱がm84デコーダという代物で、3Pのデジタルスイッチの役割をしてくれるというツールです。

まだまだ機能を使い切れませんが、この箱で自動運転にかなり応用が利きそうです。

取り敢えずは、リバースルートのWスリップ再通過の自動選択に役立っています。

これから、自動運転設定の編集に取り掛かります。

事故多発の予感がします・・・。

| | コメント (0)

2018年12月10日 (月)

N運転席改装

Kib181210_1

                                      
Kib181210_2_2


かさ上げによってNレイアウトの運転席周りの視点もずいぶん高くなりました。以前はあぐら椅子でしたが、これからはスツールに変更です。

高くなった分、下のスペースが空いたので、車両などのセッティングやメンテナンスに使うためのスライド棚を設置しました。

ついでに車両ケースの一時置き場も確保し、運転時何かとごちゃつく物を片づけられる用にしてみました。

欲を言えば背もたれ付の椅子でも置きたいところですが、狭いので止めです。

| | コメント (2)

2018年12月 3日 (月)

テーブル照明完了

Kib181203_2

Kib181203_1

Nレイアウトのかさ上げ工事とテーブル照明取付が完了しました。

下の画像が照明ONにした状態です。これで下段のテーブルラインもよく見えるようになりました。

| | コメント (0)

2018年11月29日 (木)

テーブル照明

Kib181129_2

Kib181129_1

脚台座の裏面に照明を取り付けてみました。

2段式になってる為、下段はどうしても暗くなり、せっかくの車両達も映えません。そこで、各テーブルにLEDバー照明を設置しライトアップする作業に取り掛かってます。

試しに2カ所設置し、どんな感じか見てみました。

黄味がやや強いですけが、いい雰囲気となりました。ワイヤレススイッチ付の2段階調光になってますので、操作は便利です。

| | コメント (2)

2018年11月22日 (木)

スイッチもかさ上げ

Kib181122

かさ上げ工事も半分程進んだところです。

Nレイアウトが高くなったので、今後コントロールは椅子に腰掛けて行う事になります。スイッチの位置が低く、操作性が悪くなったのでスイッチ棚を新たに設け、丁度いい高さへと改造しました。

| | コメント (0)

2018年11月 5日 (月)

2段式レイアウトへ

Kib1811052

Kib1811051

脚用の原木がやっと手に入ったので、暫定的にかさ上げしてあったNレイアウトをさらに50ミリかさ上げし260ミリとする工事に着手しました。これで下段の見通しがずいぶん良くなります。

下段テーブルにはメルクリンHO、上段はNレイアウトが乗る、2段式レイアウトへと変化します。

N天板には脚用のネジ穴が配置されていますが、下段に今後、建物を配置する時、脚位置による制限を受けます。

そこで、Nに脚用の専用台座を設け、脚位置をフリーにし、さらに脚の本数を4→3本へと減らします。その脚台座へNレイアウトを乗せる方法に変更しました。

そらに秘策があって、この2重天板の隙間を利用し、そこに角材を差し込み、線路を乗せる仮設ライン(取り外し可能)を設置する事が可能となります。将来、Nレイアウトを借景とした、「エッジライン」を新たに展開することもできます。

| | コメント (3)

2018年11月 2日 (金)

そろそろ雪が

Kib181102

平湯付近は山全体が黄葉で、そろそろ雪がちらつきそうな雰囲気でした。

木によって微妙に色合いが違い、それらが混ざり合い、とても綺麗です。

これが模型で再現出来ればいいのですが、葉っぱのスケスケ感が難しそうですね。

| | コメント (0)

2018年10月24日 (水)

木のホーム

Kib181024

こちらは東駅、プラットホームは集成材の残材から切り出した木製です。まだどうなっていくか不明なので仮設です。

実際はこの上にNの海パネルが乗るので、ここまで見通せないのが残ですけど、HO広げるだけのスペースがあった事でヨシとします。

| | コメント (3)

2018年10月17日 (水)

レイアウト図登録

Kib181016

ルート図を登録中です。画面が小さすぎて老眼にはとても厳しい作業です。

3倍ぐらいに拡大は出来るんですが、もっとデイスプレイを大きくして欲しいもんです。

簡易作図なので、思い通りに線が描けず、ぐにゃぐにゃラインになってしまいます。見栄えを美しくするための修正がとっても大変。コツを覚えた頃には終わりというパターンです。

でも、これが制御盤代わりになるので、とても役に立ちます。Nレイアウトのようにポイントスイッチずらりで、何をどう切り替えたらいいか、時が経つと忘れて大混乱することはなさそうで、有難い機能です。

| | コメント (2)

2018年10月11日 (木)

細長のプラットホーム

Kib181011

スペースの関係で、駅の設置に苦労します。

駅らしく見せるためホームを設置。狭い線路間に、たまたまNのホームがぴったりと収まりましたので利用してみました。駅舎はまだ検討中で先になりそうですが、ホームに灯りも点り、少しは雰囲気も出てきたかと。

| | コメント (3)

2018年10月 5日 (金)

機能する信号

Kib181005

信号を、赤にすると手前で「停車」します。

これが結構役に立ちます。単純にレールの給電を止めるだけの構成ですが、自動運転の要素として欠かせないアイテムとなっています。

絶縁区間に入るとガックンと急停車するのがイマイチですが…、減速させるブレーキモジュールという代物も組み込んでみる予定です。

| | コメント (2)

«煙もくもく