« 2009年5月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月28日 (月)

コルク岩組み

Kib090927 コルクの皮を使って岩を組んでいきます。同じものは無いので、表情を見ながらのこぎりでカットし、接着しますが、しっかりと固定するため針釘や、竹串を利用して上から差し込み固定もします。車での移動を考慮し頑丈に作っていきます。

中央に岩山が出来たので奥の2線はこちら側からは見えません。表と裏側の2面を楽しめるようにしました。

次はスチロール積みです。

| | コメント (0)

2009年9月27日 (日)

トンネル工事

Kib090926 このモジュールにトンネルを4カ所設置します。トンネルポータルは合計8個で、GM、津川、トミーテックの製品を加工して作ります。

複々線のため、そのままではトンネルポータルが設置できません。そこで切り詰めたり、形を変えたりして対応しましたが、車両限界ぎりぎりでの設置となりました。

次はコルクブロックを組みます。

| | コメント (0)

2009年9月24日 (木)

LED点灯

Kib090923_1 建物にはLEDの灯りを入れます。電源供給用のターミナル部分で、先でパネルを取りつけます。フィーダーとLEDのコネクターを収納します。スイッチも付けます。

LEDは建物に取りつけず、ベース側に取りつけています。配線も終わって点灯試験です。いろんな色が混ざってツリー状態ですが建物を置くとカーテンを通すので、ちょうどいい感じになります。

これで基本構成ができましたので、他のモジュールと接続できます。

次はトンネルポータKib090923_2ルを取りつけます。

| | コメント (0)

2009年9月23日 (水)

建前

Kib090922_1_3 昨日切り出した線路ベースを台枠本体へ取りつけました。構造上、後からでは手が入らない場所を通すLED幹線とフィーダー配線は先に済ませておきます。今作は完成姿がイメージ出来てるので、この辺りの段取りもスムーズであります。

線路固定の前に走行チェックを行いましたが、無事通過できやれやれでした。レールサイドもさび色に塗装し、接着固定です。両端の接続部は針釘を併用して強度を確保しています。これで走行系は完了です。

Kib090922_3_3 次は建物と地形下地ですが、建物は製作中の新レイアウトから一時的に8戸を出張させます。地面はトンネル長さとのバランスで、これが確保できる限界かと。木こり鉄道の出張版ということで、家も段々になっています。そして台枠柱に、このベースを乗せ固定します。

線路から下85ミリ・上205ミリです。これで全貌が見えてきました。ただボリュームがあるので抱きかかえるのが大変です。そこで、手前側に取っ手を付けて、持ち運びが楽に行えるような対策を取りました。

次はLEDを取りつけます。

Kib090922_2_4

| | コメント (0)

2009年9月22日 (火)

線路ベース切り出し

Kib090921_2 製作期間があまり無いので、突貫工事で進めます。線路配置は予め決めておいたカットラインに沿って切り出します。ベース板は5.5tのベニヤです。トンネルを造るため線路途中に曲線を入れています。(複線部分はカント付き)

モジュールであるため両端の寸法には制限があります。当然ながら規格サイズの線路ではぴったりと収まりませんので切り詰めて長さ調整をしています。

フィーダー線路も組込められないので、道床裏側のレール部分をKib090921_3カットしてコードをハンダ付けします。

山になるところはベニヤを下地にして地形を造成しますので、何本か立ってる柱はそれを支えるためのものです。コードを通す穴や柱を入れるための穴も開けておきます。段取りも慣れたものとなってきました。

裏側からネジ止めしたりするため、工程の順序を間違うとやっかいな事態になります。

次はいよいよ上棟式?です。

| | コメント (0)

2009年9月21日 (月)

新モジュール製作開始

Kib090920 新しいモジュールの製作を開始しました。オフ会で接続するのですが、テーマは「木こり鉄道出張版」です。

現在製作を進めているNレイアウトのイメージと同じような雰囲気に仕上げる予定でいます。参加する時はレイアウトから建物を一時的にこちらへ引っ越します。(手抜き)

移動でガタがこないようにコンパネで、しっかりと頑丈な台枠を作りましたが、持ってみると重くて移動が大変です。逆に人の方にガタが来そうです…。

次は線路のベース板を作ります~

| | コメント (0)

2009年9月 6日 (日)

トンネルを抜けると…行き止まり

Kib090905 トンネルから2本出てる線路は、有効長をかせぐために貨物駅から延びてるものです。ですから行き止まりなんです。

しかし、将来に夢を持たせるための接続ポイントでもあります。ここに鉄橋をつないで、別の島へと延長拡大の可能性を持たせています。それをやるかどうか現時点では未定ですが、レイアウトが完成しても、やる事を残しておくと、なぜか安心して製作を進められます。完成すると解体の道をたどるので。

|

« 2009年5月 | トップページ | 2009年10月 »