« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

トンネル岩天井

Kib151130_2Kib151130コルクの切れっ端を利用して作ったのは岩トンネルの天井部です。

入り江トンネルに取り付けるとこんな感じです。ここは海面だけでなく、本線も通過する岩トンネルとなります。

パンタすれすれまで、岩を突出させ、ギリギリ通過するシーンを盛り込みます。

現実には無いシーンを有るかの如く創る楽しみを味わうとやめられません。

| | コメント (0)

2015年11月26日 (木)

記録して撤収

Kib151125実地確認とはいえ、せっかく広げたので紙に写し取って撤収します。

今回は、しまなみラインの増設プラン(#6、#7テーブル)と密接に関わるための確認作業でした。

やまなみラインの製作開始は、まだ当分先になりそうです。

| | コメント (0)

2015年11月25日 (水)

やまなみ3番&しまなみ駅廻りルート

Kib1511263番テーブルは高原線のSカーブと登山線の出発駅が入ります。

この3つのテーブルが「やまなみライン」の最小構成となります。もちろん持ち出し可能設計です。

上のヤードのような部分は「しまなみ・やまなみ兼用の駅にして6編成を収容できるヤード機能も持たせます。

しまなみライン本線の外回りは、この駅を通り、やまなみ1番テーブル経由による駅廻りルートが開通し15m程のエンドレスとなります。

| | コメント (0)

2015年11月24日 (火)

やまなみ2番はこんな感じで

Kib151124やなまみラインの2番テーブルです。

高原線のループの上をさらに登山線が走ります。最下段を走る貨物線は地形をオーバーハングにえぐり取ったところを走らせ、限られたスペースを有効活用する荒技を用意しています。

1番と2番の間は鉄橋と梯子橋で結びます。

| | コメント (0)

2015年11月10日 (火)

やまなみ1番はこんな感じに

Kib151110線路がぐるぐる巻きになっています。やまなみラインの1番テーブルとなるところです。

3段構造で実際に見えるのは上の部分だけで、ほとんどがトンネルで隠れます。

最下段は「貨物線」中段は、しまなみラインの駅回り線、上段に「高原線」と「登山線」が走ります。

現在テーブルの大きさを検証している段階です。

| | コメント (0)

2015年11月 4日 (水)

実地確認

Kib151104やまなみ構想、紙の上はあまりにも適当なので、本当に収まるのか、現場にて確認作業中です。

ついつい拡大しがちですが、余白というか歩行スペースを確保しないと、完成後に動きにくさが欠点として浮上してきます。誘惑に負けず限界ラインを厳守します。

実地確認は、最初にスペースの限界ラインをマスキングテープで縁取りします。その後、線路を適当につないで、勾配、ポイント位置、橋位置、分割位置、各テーブルの限界サイズなどをチェックします。

まだまだ修正は必要ですが、取り敢えず収まることは確認ができましたので、やれやれです。

| | コメント (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »