« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月22日 (月)

17回JAM終了

Ki_b160822

国際鉄道模型コンベンション、期間中当ブースへお立ち寄りいただいた皆様、ありがとうございました。
おかげさまで、新たなテーブル製作のパワーを頂きました。次はそれを持ち込んでの出展ができればと考えています。

| | コメント (9)

2016年8月15日 (月)

分離作業

Ki_b160816_1

Ki_b160816_10

出動準備です。先ずは分離作業から、最初は配線のコネクター外し。次に両端からテーブルを少しづつずらし、鉄橋と梯子ラックをすべて抜き取ります。

テーブルが分離できたら、コード類を収納しまとめます。観覧車も慎重にベース枠から分離させます。そして、箱の上にテーブルを乗せて、ねじ込んである脚を一本づつ取り外します。(4テーブル16本)

これで分離が終わりました。後は「橋」「脚」「コントローラー」などの部材毎にまとめ、積載の準備を進めます。

| | コメント (3)

2016年8月14日 (日)

木こり棒

Ki_b160815_1

Ki_b160815_2
面倒なレール掃除、クリーニングカーを走らせるだけでは解決しません。最後は手でゴシゴシと磨くことになります。

狭い所や、トンネルの中、トラスの中央付近など、手間取る個所がいくつも有って掃除だけでヘトヘトになります。

そこで、簡単にセットできるレール磨き専用治具を作ってみました。角材(5×10)にカットしたウエスを縦方向に被せ、カバー(電気端子用)を差し込んでワンタッチでウエスを固定。

後は、クリーニング液を浸み込ませ、ひたすらレール磨きします。ウエスが汚れたら順次ずらします。全体が汚れたら新しいウエスと交換です。 

角材の長さもいろいろ揃えて、使い分けます。これで手の届きにくかった所も楽々となりました。角材の先端が凹んだら、鋸で少しずつ切り落とします。

しかし、掃除中に破壊されるケースが過去何度もありました。油断すると架線柱に引っ掛かったり、標識板をなぎ倒し、腕木信号をぶっ壊し、人を巻き込み、木の葉が落ちたりと、密度が高い部分からやられました。

そこで、メンテナンスとのバランスを考慮し、架線柱は少なく、且つすぐに交換できる設置にし、標識板や樹木も線路からなるべく離してメンテナンス性を向上させるべく改良を加えました。

| | コメント (3)

2016年8月 9日 (火)

アイアン看板

Kib160809
アウトレットタウンのレストラン外壁にアイアン看板を取付てみました。

もちろん鉄ではなくプラです。他のストラクチャーのパーツ流用ですが、この看板1つで雰囲気のプラス効果がありました。

製作も一旦切りにして、これからレイアウトのクリーニングに入る予定ですが、ホコリ払いが大変です。油断すると掃除機の餌食となりますので。

| | コメント (0)

2016年8月 8日 (月)

2Wayコントローラー台

Ki_b160808

Ki_b160808_2

コントローラーを置いている上にセッティングヤード(仮設)を乗せると操作がしにくくなります。

そこで「コントローラー台」を作ってみました。方向を反対にすることで、二通りの使い方ができます。

状況により、コントローラーを下に並べて、空いたスペースを「車両操作卓」として乗せ換えに使います。

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »