« 街に緑を植える | トップページ | ルート変更たびたび »

2017年3月21日 (火)

庭園鉄道 春のメンテナンス

Kib1703211

Kib1703212


Kib1703213


3年間、放置していた庭園鉄道は簡単には走ってくれません。

①集電の回復 ②ポイントマシンの復旧 ③線路の凸凹直し ④木部の入替 という段取りで復旧を進めていきます。

先ずはレールクリーニング。フローリングモップにウエスを巻き付けレールを雑巾がけ、クリーナーで表面を軽く研磨してテスト走行。

ギクシャクしながらも走るのには驚きです。所々、集電不良箇所のジョイントを掃除しながら試走を繰り返し、無事エンドレス周回を完了です。

ジョイント部の集電不良対策は電気的に接続してやれば解決するのですが、線路配置をよく変更するのと、路盤のメンテナンスのため未だに実現していません。今のところジョイントに導電ペーストを塗布してしのいでいます。導電ペーストをもっと性能の良いのに変えれば解決するかも(そのうち試そう・・・)

3年経過で路盤が波打ってきてます。走らせて特に気になる箇所だけ補修することにしました。コンクリートブロックを一旦取り外し地面をならしてレベル調整します。

ポイントマシンは泥汚れを取ってあげたらちゃんと動きました。結構タフです。信号用のマシンは構造は同じようですが固まって動かずでした。分解清掃にて復帰しました。

それより、信号機を踏み倒して腕が無くなってたりとか、芝の刈り込みでコードも切断したとか、ランタンを蹴飛ばして行方不明になったりとか、橋に引っかかりトラスが折れたりなど、自然よりも人的なダメージの方も大きいのです。

|

« 街に緑を植える | トップページ | ルート変更たびたび »

コメント

庭園の整備お疲れ様です。
レールを磨き上げるのは一苦労だったのでは?
それにしても、給電方式はNゲージと変わらないんですね。
車輌が大きいからラジコンのように電波で制御してもよさそうですが、鉄道模型では邪道なんでしょうね。

投稿: Gut | 2017年3月22日 (水) 07:22

Gutさん お久しぶりです

レール磨きはそれほど労を要しませんが
通電不良の直しに手間が食います。
これも3年放っておいた割には大したことではありません。

Nのレール磨きも結構手間が掛かりますので

投稿: きこり | 2017年3月22日 (水) 08:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 街に緑を植える | トップページ | ルート変更たびたび »