« テーブルライン着手 | トップページ | かさ上げきのこ »

2018年9月26日 (水)

ルート探索

実際に線路を置いてルートを決めに掛かります。

Nレイアウトの周りを通すプランとなります。ここは、まだ何も作っていないのでスイスイと行けます。

Kib1809261_2

大胆にも、Nのスイッチ前を通過~操作中は要注意! もともとココにテーブルが設置してあるということは、企みは以前から進めていたのです。当時はテーブルラインはNを想定した計画でした。

まさか、メルクリンをやるとは全く予想もしていませんでした…

Kib1809262

海パネルの下は、どこを走ってるのか、ほとんど見えないトンネル状態。逆にトンネルを設置できないので丁度いいかも。

Kib1809266

最悪、テーブルそのものが無い…

集成材天板の幅が90センチなので、こうなっています。ここは継ぎ足しでクリアする計画です。

Kib1809264

脚が邪魔~でも、後から来た方が避けて敷設です。しかも、Nレイアウトを接続、分離するためのスライドスペースも確保する必要有りなので、相当やっかいです。

Kib1809267

製作中の海上コテージテーブルの下を抜けて… テーブルエッジをギリギリ通過するので、振動で車両が転落する可能性十分な危険なレイアウトです。

Nの方も安全ではないですが…

Kib1809265


駅の下が駅という設定です。5両ぐらいは停めれそうです。

Kib1809263

ざっとこんな感じで、一周22メートルぐらいとなりました。

最大の難点は、2段レイアウトで見通しが悪いという事ですが、これは当初から分かってる部分なので妥協です。

視線はHOが床にあぐら、Nが低いスツールという感じとなります。上段とのクリアランスが150㎜なので、嵩上げをして少しでも目が届く範囲を増やす対策をとります。




|

« テーブルライン着手 | トップページ | かさ上げきのこ »

コメント

おお!
ついに始動ですね☆
拝見するのが今から楽しみです。

投稿: JR浜松 | 2018年9月26日 (水) 08:06

あれから4ヶ月
まさかの展開となりましたよ。

まだまだ主要な物品が揃ってないので
これからですけど。

しかし、この線路(Cトラック)意外にもNより融通が利かないです。
ガッチリとはまるので僅かなズレも目立ちますし…
それだけ精度が高いということでしょうか。
レールカットでの長さ詰めも簡単に出来そうでない構造です。
ここは素直に端数レールを駆使してしのいでいます。

投稿: きこり | 2018年9月26日 (水) 11:19

うわぁ、なかなか凄い規模のものが出来そうですね。
どんなトラックにするか試行錯誤しながら考えている今の時期が一番楽しいですね。
オフ会に向けて完成を急いでいると思いますが、まだ仮置きにして後でじっくり作戦を練って下さい。
木こり鉄道のコンセプトだからこそNとHOの共演が自然に出来ちゃうんだなぁと思い、改めて木こりワールドの懐の深さを認識しました。
オフ会楽しみです!

投稿: Gut | 2018年9月26日 (水) 12:35

Gut さん
そうですね~しばらくは仮設状態でいきます。
ショートとロングのエンドレス2本で敷設しています。
このテーブルラインは「パズル式」で作ろうと思ってます。
建物ブロック、森林ブロックなどをテーブル上に自在に並べるスタイルです。

投稿: きこり | 2018年9月26日 (水) 18:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テーブルライン着手 | トップページ | かさ上げきのこ »