カテゴリー「しまなみライン」の記事

2019年5月10日 (金)

新たなテーブルPLAN

Kib190509

しまなみラインの入替テーブルを製作する計画です。

現在の「風車とひまわりの丘」と将来ローテーションを組む予定です。プランと言っても図面があるわけではなく、落書き程度のフリーハンドの図1枚からスタートします。

この落書き図面が基本設計で、良くも悪くもレイアウトの全貌がここで決まります。意外と思えるかもしれませんが、この絵が描けると思考時間を含めた、全工程の半分が終わった感があります。後はどんどん作っていくだけです。

この落書へたどり着くのに、多くの思案と、今まで積み重ねた失敗体験やら、完成までの工程経験を活かします。が、実際に作り始めないと分からない課題がいつも発生してきます。それを一つずつクリアしていくのが、また楽しいのであります。トラブル大歓迎なのです。

同時に資材の調達可否、ストラクチャーが入手可能かなども押さえておく必要有りで、特にストラクチャーは欧州物を使うコンセプトなので要チェックです。気に入っても入手出来ない事が多々ありますので。

この案のモチーフは、北欧の海辺(ベルゲンなど)です。静かな海面と港町、海を内側に配置したのが特徴で、OUTコーナー、INコーナーそれぞれの海岸線を通過する列車を見どころとする要素を入れます。

エリアの半分は丘にして、点在する家々に花の庭を作ります。丘全体はモコモコの木で覆うイメージでいきたいと考えています。

ゆるめのカーブを設置するため、テーブル面積も拡張する必要があります。しかしながらテーブルの大きさに制限を設けていますので、今作では手間の掛かる2分割構造を採用します。コンポーネント式なので電気接続の共通性なども考慮する必要がありますし、車に積めるかも事前に検証しないといけませんので、まだまだハードルは幾つもあります。この辺は作りながらの現物合わせにて進めていきます。工期は、先に収納スペースを確保する整理整頓から初めて、秋から着手し1年半ぐらいでの完成を目指します。

| | コメント (1)

2019年4月22日 (月)

GW 岐阜のイベントに出展します

Kib190422

Kib190422_2

今年も縁あって地元の鉄道イベントに出展します。

会場はJR岐阜駅前の岐阜シティータワー43で

ファミリー向けの内容となっています。

[日程]

・ぎふ鉄道博物館 Vol.14 

  ※木こり鉄道の出展日は 5月3~5の3日間

   AM10:00~PM4:00です

・会場:岐阜シティータワー43 1F 2F

  ※木こり鉄道の展示は2Fになります

・入場無料

・イベント詳細は下記です

  http://www.gifucity-tower43.jp/info_event/gifutetsu_museum/index.html

岐阜市の方へお出かけの機会がございましたら、お立ち寄りください。

 

| | コメント (0)

2019年2月28日 (木)

水上コテージ完成イメージ

Kib190227_1

Kib190227_2

まだ完成ではありませんが、レイアウトに組み込んでイメージ確認してみました。

見る方向により様々な表情が現れ、小さいながら存在感有です。

これから細部を作ったら出来上がりです。その後は、ワールドゲートの製作に着手する予定です。

| | コメント (2)

2019年2月15日 (金)

コルク岩

Kib190215_1

Kib190215_2


水中が終わり、次はパネル上の製作へと進みます。

岩はいつものようにコルクを使います。解体したレイアウトから採ったコルクを再利用し、地形に合いそうなのを探してカット。後はクリアー系の接着剤で固定です。

狭い海がより狭くなってきましたが、スペースにはどうしても限りがあるので、配置などを工夫して、想像で広く見せる様にします。

| | コメント (2)

2019年2月12日 (火)

海中部終了

Kib190205_2


Kib190205_1

海面着色は、レイアウト全体を同じ感じで仕上げて来てるので、さすがに楽になりました。
仕上げはジェルメディウムで底艶を出しておきます。これで海中部の工作は終了ですが、抜け落ちが無いか最終チェックをしたら、アクリル板を接着し封印となります。もう後戻りは出来ません。

| | コメント (0)

2019年2月 1日 (金)

ファイバーライトアップ

Kib190201_1

Kib190201_2

Kib190201_3

桟橋沿いをライトアップするため、ここでもファイバーを使ってみます。

細いドリル刃の長さが集成材(18ミリ)を貫通出来ないので、裏側に溝を掘ってから穴開けです。

ファイバーの固定は、エポキシ接着剤をその溝に盛り込みます。ファイバーを束にまとめ先端を切りそろえたらアルミ管に突っ込み、反対側からLEDを差し込み完了です。

点灯すると、並びがガタガタですが、ここはこれでOKです。

| | コメント (0)

2019年1月28日 (月)

海パネル続き

Kib190128_1

Kib190128_2

昨年9月の続きから製作再開です。

しばらく時間が経つと、どう作っていくのか記憶を呼び戻す段階からのスタートとなります。

ここには水上コテージを作っていきます。設定はNo.1テーブル「崖に建つホテル」の別棟で船でしか行けないコテージ棟ということにします。

海面は定番のアクリル板で、4ミリの海中空間から作ります。橋脚の土台部はマグネットを埋め込んで、海上部と分離して移動時や設置時に簡単に取り外しできる構造とします。

珊瑚の砂浜部分はパテ埋め、岩礁はコルクを使用します。岩の海中部はアクリル板にしてライトアップしてみます。

前回の海パネルで作ったポコポコ島と同じ仕様で、裏側からLEDを差し込みアクリル板を照らす方法です。

規模は小さいですが、要素は一通りあるので手間は掛かりそうです。

| | コメント (0)

2018年12月10日 (月)

N運転席改装

Kib181210_1

                                      
Kib181210_2_2


かさ上げによってNレイアウトの運転席周りの視点もずいぶん高くなりました。以前はあぐら椅子でしたが、これからはスツールに変更です。

高くなった分、下のスペースが空いたので、車両などのセッティングやメンテナンスに使うためのスライド棚を設置しました。

ついでに車両ケースの一時置き場も確保し、運転時何かとごちゃつく物を片づけられる用にしてみました。

欲を言えば背もたれ付の椅子でも置きたいところですが、狭いので止めです。

| | コメント (2)

2018年11月22日 (木)

スイッチもかさ上げ

Kib181122

かさ上げ工事も半分程進んだところです。

Nレイアウトが高くなったので、今後コントロールは椅子に腰掛けて行う事になります。スイッチの位置が低く、操作性が悪くなったのでスイッチ棚を新たに設け、丁度いい高さへと改造しました。

| | コメント (0)

2018年11月 5日 (月)

2段式レイアウトへ

Kib1811052

Kib1811051

脚用の原木がやっと手に入ったので、暫定的にかさ上げしてあったNレイアウトをさらに50ミリかさ上げし260ミリとする工事に着手しました。これで下段の見通しがずいぶん良くなります。

下段テーブルにはメルクリンHO、上段はNレイアウトが乗る、2段式レイアウトへと変化します。

N天板には脚用のネジ穴が配置されていますが、下段に今後、建物を配置する時、脚位置による制限を受けます。

そこで、Nに脚用の専用台座を設け、脚位置をフリーにし、さらに脚の本数を4→3本へと減らします。その脚台座へNレイアウトを乗せる方法に変更しました。

そらに秘策があって、この2重天板の隙間を利用し、そこに角材を差し込み、線路を乗せる仮設ライン(取り外し可能)を設置する事が可能となります。将来、Nレイアウトを借景とした、「エッジライン」を新たに展開することもできます。

| | コメント (3)

より以前の記事一覧