カテゴリー「しまなみライン」の記事

2018年12月10日 (月)

N運転席改装

Kib181210_1

                                      
Kib181210_2_2


かさ上げによってNレイアウトの運転席周りの視点もずいぶん高くなりました。以前はあぐら椅子でしたが、これからはスツールに変更です。

高くなった分、下のスペースが空いたので、車両などのセッティングやメンテナンスに使うためのスライド棚を設置しました。

ついでに車両ケースの一時置き場も確保し、運転時何かとごちゃつく物を片づけられる用にしてみました。

欲を言えば背もたれ付の椅子でも置きたいところですが、狭いので止めです。

| | コメント (2)

2018年11月22日 (木)

スイッチもかさ上げ

Kib181122

かさ上げ工事も半分程進んだところです。

Nレイアウトが高くなったので、今後コントロールは椅子に腰掛けて行う事になります。スイッチの位置が低く、操作性が悪くなったのでスイッチ棚を新たに設け、丁度いい高さへと改造しました。

| | コメント (0)

2018年11月 5日 (月)

2段式レイアウトへ

Kib1811052

Kib1811051

脚用の原木がやっと手に入ったので、暫定的にかさ上げしてあったNレイアウトをさらに50ミリかさ上げし260ミリとする工事に着手しました。これで下段の見通しがずいぶん良くなります。

下段テーブルにはメルクリンHO、上段はNレイアウトが乗る、2段式レイアウトへと変化します。

N天板には脚用のネジ穴が配置されていますが、下段に今後、建物を配置する時、脚位置による制限を受けます。

そこで、Nに脚用の専用台座を設け、脚位置をフリーにし、さらに脚の本数を4→3本へと減らします。その脚台座へNレイアウトを乗せる方法に変更しました。

そらに秘策があって、この2重天板の隙間を利用し、そこに角材を差し込み、線路を乗せる仮設ライン(取り外し可能)を設置する事が可能となります。将来、Nレイアウトを借景とした、「エッジライン」を新たに展開することもできます。

| | コメント (3)

2018年9月18日 (火)

新中継パネル

Kib180915

Kib1809152

島と島の間へ設置。

手前に建つ崖ホテルの一部という設定で、海上コテージを予定しています。

海面を出来る限り広くとりたい、という欲が出て大テーブルからはみ出しそうですが、なんとかギリギリ収まっています。

このテーブルのおかげで、周囲が歩きやすく(引っ掛からない)なりましたが、これでは元の木阿弥となりそうです。


| | コメント (0)

2018年9月14日 (金)

海パネル追加製作

Kib180914

Kib1809142

島と島の接続部分に使っている中継橋脚を海パネルへ昇格させます。

ライトアップにLEDやらファイバーを使う予定なので、台枠は2段にし収納スペースを確保しておきます。

いつものように、詳細な図面などは一切なしです。フリーハンドの落書き図から型紙を起こしての製作です。後は現物合わせで進めていくので失敗もよくあります。

この台枠も実は2作目で、最初のはイメージに合わずボツ→粗大ゴミとなりした。

しっくりこない時は、バッサリと捨てることにしています。他から見ると「もったいない」事を…となるんですが、結局最後は解体の道を辿るので、早い段階での決断が必要です。

次はアクリル板のカットに入ります。

| | コメント (2)

2018年8月 6日 (月)

2018 国際鉄道模型コンベンション出展

Map2018jam_2

この夏も「JAM国際鉄道模型コンベンション/8月17日~19日」に出展します。

今回は「碧い海と白い鉄橋」をタイトルとした出展です。

新規製作のテーブル「クリスタルガーデン」と「キラキラの海」を組み込んだ構成で、碧と白のコントラストを強調した、夏らしいセッティングとなります。

会場へお越しの節には、当ブースへもお立ち寄りください。

| | コメント (4)

2018年6月 4日 (月)

アメーバテーブル

Kib180604
レイアウト用の大テーブルを作っています。

現在、それぞれ専用台座にハメ込むように置いてるのを、大テーブルを作りその上に乗せる方法へと進みます。

元々の構想でしたが、肝心なレイアウトがどんな形になるか不透明でありましたので、先送りとしてましたが、レイアウトの形も安定したところで、やっと製作に着手となりました。

高さ150ミリのコナラ脚を取り付けた状態が本来の姿なので、やっとこのスタイルで置くことができます。

Kib1806042
出展時は、こんな感じで机を並べたテーブルの上に置きますが、自宅でこのスタイルですと、レイアウトに寄りつけませんし、そもそもこれだけの机が並びません。

そこで、机をレイアウトの輪郭に沿わせたアメーバ形にした大テーブルを組みます。畳数にして約7枚程度の広さとなります。

これで、本来の姿で置けるのと、少々人がぶつかってもズレなくなります。今まで使っていた台座もテーブルを乗せるのにすべて使います。

そして、このアメーバテーブルを利用したさらなる企みがあり、近々それに着手する計画です。

| | コメント (0)

2018年5月21日 (月)

改造中

Kib180521_1

Kib180521_2

製作から4年経ち、増設のテーブルも組み込まれ内容が充実してくると、改善したい箇所もいくつか出てきます。

そこで、今回の改造は、№2テーブルへの信号増設に着手しました。

連続的に設置した信号の切り替わりアクションが、見ていて楽しいので、直線区間が延長されたのを機に、上下線1本ずつの増設です。縦方向に眺めると、4本連続した信号が切り替わっていきます。

同時に、ルートチェンジ用(駅ルート・本線)のポイントを自動で働かせる、センサーも組み込んでいます。

| | コメント (0)

2018年5月 2日 (水)

GW 岐阜のイベントに出展します

Kib180502_2

今年も、縁あって地元の鉄道イベントに出展します。

会場はJR岐阜駅前の「岐阜シティー・タワー43」です。

[日程]

・ぎふ鉄道博物館 Vol.12

 ※木こり鉄道出展日は→5月3日~5日の3日間

   AM10:00~PM4:00です

・会場:岐阜シティータワー43 1F・2F

 ※木こり鉄道の展示は2Fです

・入場無料

・イベント詳細はこちら

http://news.gifucity-tower43.jp/2018/04/gifutetsu-vol12.html

岐阜の方へお出かけの機会がございましたら、お立ち寄りください。

| | コメント (3)

キラキラの海とクリスタルガーデン

Kib180502_1
新たなテーブル2台が完成しました。レイアウト中央の鉄橋下に、海パネル「キラキラの海」を新設。ハート形の島に建つチャペルが目立ちます。

手前に新設となったのは、海に浮かぶ温室が特徴の「クリスタルガーデン」です。丘の温室から海の温室まで遊歩道で結ばれています。浜辺には潮騒のウッドデッキも作ってみました。

パーク線(路面)の停留所も新たに設置し、自動運転で上りのみ停車するようになっています。トラス橋はスパンを長く、ポニートラスは幅をトラスに合わせています。

「想像の海」が減り、「アクリル板の海」面積がずいぶん増えたので、イメージが固まった感となりましたが、長い鉄橋を渡る列車の下の景色が出来て、とても魅力的になりました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧