カテゴリー「まちなみライン」の記事

2017年9月 6日 (水)

ワールドゲート着工

Kib170906

しまなみ⇔まちなみ⇔やまなみ 3ラインを接続する工事を再開です。

しばらく遠ざかってると何がどうなってたか、考えた自分さえ思い出せない…

先ずは「まちなみライン」の仮開通を目指して進めます。しまなみから分岐し中央駅を通過し戻ってくるルートです。プラン変更で、新たに作り直したテーブルを設置します。

№7「World Gate」となります。設定は木こりワールド・テーマパークの入り口です。

| | コメント (0)

2017年4月 3日 (月)

船用の信号

Kib170221

庭園鉄道の方も一段落して、また6番テーブルの製作に戻りますが、頭の中を整理しないと何処まで進んでいたのか分からなくなります。

ジャンク箱から見つけた部品で、運河に船用の信号を取り付けてみました。目立たない場所に取り付けてますので、発見する楽しみのひとつとなりそうです。

| | コメント (2)

2017年2月20日 (月)

街に緑を植える

Kib170220_2

Kib170220_3

大まかな部分が終わったので、ここから植樹作業に取り掛かります。

建物だけが並んだ味気ない街も、木を入れるだけで風景になります。市販の木を試しに置いてみたらイメージがぴったりでしたので、この街はモコモコ仕様の木で揃えることにしました。

サイズ違いの自作品も取り混ぜ、自分なりの最適配置を目指します。建物との絡み、走る車両との干渉やメンテナンスの邪魔にならない位置、テーブル全体を見た時の景観も配慮した結果、25本程度に収まりました。

| | コメント (2)

2017年2月 8日 (水)

プロムナード

Kib170208

運河沿いの散歩道になるところです。これから細部の製作というより「粗隠し」工作に入ります。

段々と手が入りにくく、しかも中腰スタイルになる事が多いので「腰痛」に注意であります。細かな部品が袖に引っ掛かって、作りながら壊している状況にも陥ります。手を入れる時は「ゆっくり」が壊さないコツのようです。

| | コメント (0)

2017年2月 7日 (火)

運河へ続く階段

Kib170206

平べったいレイアウトなので、各所に階段を設置して少しでも立体感を出します。

一番低い位置にある運河へは、様々なルートを通って行けるようにしています。階段は市販品を利用しています。

| | コメント (2)

2017年2月 2日 (木)

時計塔広場

Kib170202

まだ建っていませんが運河の三角スペースに時計塔(トミーテック)を設置するため、小改造を加えているところです。

この三角地は他のごちゃごちゃ感から離れ、ほっとする場所となりました。渡る橋はFALLERのカーブアーチ橋(改造)で、路面線側にファイバーのイルミネーションを仕込んでいます。

| | コメント (1)

2017年2月 1日 (水)

モコモコの木

Kib170201

島ごとに植える木を変えて個性をだしていますので、この島(運河のある街)はモコモコの丸みのある木(常緑広葉樹のつもり)を植えて存在感をだしていきたいと思います。

自作と市販品を混ぜています。植え込む位置に合わせて、大きさと色合いを作り分けています。

木、一本でずいぶんと雰囲気が変わってきます。調子に乗って沢山植え込むと、肝心な建物や列車が隠れて見えなくなってしまいますから、程々のところに抑えます。

| | コメント (2)

2017年1月27日 (金)

路面バリエーション

Kib170127

路面エンドレスの敷石が単調にならないように、場所によって変化させてみました。

この部分ではトンネル、歩道、緑、運河と小細工してみましたが、普通に眺めてると周囲の景色に馴染んで、そんなに気がつきません。

敷石とレール(外側)の隙間はパテ埋めを予定しています。こうした隙間埋めの箇所がまだずいぶん残っていますので、地道な作業が続きます。

| | コメント (2)

2017年1月18日 (水)

面倒な分割構造

Kib170118_1

Kib170118_2

Kib170118_3

Kib170118_4

7番テーブル「中央駅とヤード」は全長2400ミリ有るため分割構造としています。

しかし、この分割というのがとてもやっかいなのです。しかも駅は高架で下をヤードとして利用するため2段構造となっています。

上下で線路を分離⇔接続する必要があります。目に見える場所はレール同士をダイレクトで差込も可能ですが、下段は見えないので分離は可能ですが、接続時はジョイナーがズレたりしてると破損します。

スライドレールを使うも、手が入りません。で、天板の下からレールを差し込もうとしましたが、天板のジョイント材で下からもアプローチ不可能という八方ふさがり状態に。

そこで、専用の治具を作り高架の隙間へ手を突っ込んでスライドレールを差し込む事で決着しました。

分割にすると線路だけでなく、ホームやバラストなどの処理、電気的な接続など面倒な事ばかりが発生してきます。いっそのこと一体化にと思いがよぎりましたが、ここは「持ち出せる」というコンセプトを曲げず進むのみであります。

この先「やまなみライン」では、これとは比較にならない程の面倒な分割構造が待ち構えています。

| | コメント (2)

2017年1月13日 (金)

キャンドルライト

Kib170113

建物前の広場にチラチラ光ってるのがテーブルキャンドルです。

LEDにゆらぎ回路を4系統組み込んでますが、思うように灯りがバラつきません。またたきがだんだん揃ってくるのです。一斉に同じタイミングまたたくと、笑えてきます。

キャンドルの色らしくするため、2色のLEDを組み合わせてみましたが、アルミチューブの中で色が混ざるので期待した効果は得られませんでしたが、賑やかさが伝わればヨシとします。

このテーブルではビーズシャンデリア、橋のイルミネーション、テーブルキャンドルの3カ所にファイバーを使ってみました。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧