カテゴリー「テーブルラインHO(AC)」の記事

2019年4月16日 (火)

留置線追加改造

  Kib190415_1

  Kib190415_2

すっかり定番となった「改造」

HOラインの車両をやり繰りするため留置線を設けたいのですが、空きスペースが有りません。考えを巡らせてるうち発見したのが、Nコントロール台座の隙間。

ここならいけると、改造に着手です。脚パネルをカットして台を2つに分離、トンネルのように脚をくりぬいて完了です。ここに2本の線を通します。

この改造で、自動運転中の列車を別のに交換する事が簡単に出来るようになります。

やりたかった「自動プラス手動」運転が実現します。が、肝心の車両がまだ揃ってないというのが実状ですけど。

| | コメント (0)

2019年4月 5日 (金)

開始がスムーズに

Kib190404_2

Kib190404_1

新たに設定された終了モードで、続きからの再開がスムーズにできるようになりました。

これまでは自動運転が設定されてるので、起動すると終了時に停まった位置によっては、うまくスタートできなく大混乱に陥っていたのですが、現状維持にてシャットダウンできる設定が(画面角にHALTと表示されることに最近気が付いた…)可能となりました。

これで続きからスムーズに再開できるようになったためストレスが無くなりました。初めから「そうしといてよ」と言いたいところですが、まだまだ機能を使いこなせていません。

 

| | コメント (0)

2019年4月 4日 (木)

HOライン用モニター設置

Kib190405

2段式レイアウトとなった下段のテーブルライン(HO)ですが、運転席から見づらいエリアが有って、のぞき込んで見ていました。

その対策としてモニターを柱に取り付けて、様子が判るようにしてみました。これで、首をかしげてのぞき込まなくてもよくなり首筋を痛めずに済みそうです。

| | コメント (0)

2019年4月 1日 (月)

ホーム追加改造

Kib190401_1

Kib190401_2

西駅の2本ある線を1本追加し3線とする改造工事をしています。

これ以上テーブルを広げないことが大前提となっていますので、内側に設置することに。そこで、Nの台座をえぐり取って、そこへ線路を通すことにしました。

同時に信号とブレーキングモジュールも追加しますが、これが結構手間取るのであります。信号はmfxで自動認識ですが、付属の遠方信号までは認識されないのでCVから選択する必要有りでした。面倒なのがブレーキの配線です。先日のアップデートでブレーキマクロが使えるようですが、まだ未知なので、今回は従来のを設置します。配線図はブレーキの方ではなく信号機の方にあるので迷います。

この改造にともなって、ポイント2本の追加と線路の取り回しの調整が必要ですが、ここでNとは勝手が違うのが「プログラムの修正」です。ハードとソフトの両面の更新が必要となります。路線図も修正しないといけないので、少しの改造でも何かとやる事満載です。

 

| | コメント (0)

2019年2月25日 (月)

メルクリン CS3

Kib190225_1

Kib190225_2


コントローラーのバージョンアップで、丸メーターが出るようになりました。もう慣れたので今更ですが、雰囲気はとても良くなりました。

イベントの機能にコマンドが追加されました。「AND」「OR」「IF」など、今までアイテムの条件を駆使し、あれこれ試行錯誤の泥縄式でやっていましたが、これでスッキリと行けそうな予感がします。

ただ、まだ見ただけで実践してないので何とも言えませんが…。PCでマクロビルダーなど使って見える方は得意かと感じます。

バージョンアップ部分が日本語になってないのがイマイチですけど、このコントローラー進化していくところが面白いです。

| | コメント (0)

2019年2月 4日 (月)

HO運転席拡張

Kib190204_4
↑[改造前]
Kib190204_3
↓[改造後]

Kib190204_2

HOの展開は想定外でしたので、運転席のスペースがなかなか確保出来ません。

そこで、無理矢理スペースを造り出すための改造に踏み切りました。

ベンチの一部を撤去、収納も兼ねていたので、それも見直しを掛けました。これで全面解決とまではいきませんが、広くなったので操作も楽に出来るようになり、人も通れるようになりました。

これで、HOはあぐらスタイルで、Nはベンチか椅子に腰掛けてというスタイルが確立しました。視線をセパレートしたので、NとHOの混在もさほど気にならなくなりました

| | コメント (2)

2018年12月25日 (火)

事故から学ぶ自動運転

CS3のイベント設定に関する事例情報が乏しい中「触ってればそのうち解る」という自己流にて進めています。

現在、6編成を信号制御とからめ自動走行(2~5列車同時走行)させていますが、イベント設定中には様々なトラブルが発生!

それらを解決させているうち、コマンド設定の勘所みたいのもが、なんとかつかめてきました。

[正面衝突!]
Kib181225_1

アナログとは勝手が違い、どちらへも走るため油断してると本当に正面衝突します。

単線エンドレスなので、信号の切替わりミスでこうなります。駅2カ所でスレ違い運転させていますが、運転中あれこれ設定編集をしていると、続きから実行される訳ではありません。

駅到着時、上下ともに青になり先でぶつかったとう事故です。

[オーバーラン!]

Kib181225_3

シャトル設定のミス。

コマンドの間違いでした。

発車>リバース>発車の時に、これも特に説明書があるわけでは無いので最初解らなかったのですが、方向制御の登録アイコンで[←→]を選択すれば自動に逆転して走りました。

[側面衝突!]
Kib181225_2

あわや転落という最悪の事態となるところ、ぎりぎりセーフ。

コンタクトレール(センサー)の接触不良かと思われますが不明です。コンタクトOFFなら信号→青のコマンドですが、車両が居る(車輪は乗っている)のにOFFになった…。

レールの掃除と、付近にフィーダーの追加をしてみたところ、今のところ未発生です。

[追突!]

Kib181225_5

これは前の列車が、信号「青」にも関わらず発車しなかったというもの。

集電不良や、立ち上げ時に列車のスピードが0になっていたというボケで発生。センターレールの掃除をこまめにやるしかありません。

不思議なのは走らせていると、どんどん調子が出てきます。

[接触!]

Kib181225_4

発車しないはずの列車(ガラスの方)が出発し事故に…。

条件設定の見込が甘かったのが原因。

自動運転も1パターンならこなれてきますが、違うパターンを混在させたり、マニュアルで走らせたりすると、設定の粗が出ます。

これはセンサーを違う列車が踏んで、コマンドが実行されたのですが、それを避けるべく、条件(継続・停止)を登録する時に、考えが及ばなかった…。

条件設定で、他の車両が踏んでも、というよりこの車両だけ動作する特定条件(ポイント方向、センサー状態)を見つけだし、それらを複数入れて解決です。

自動実行は「そう来たか~」という事がよくありました。 今後は事故に気をつけながら、違うパターンの登録をしていく予定です。

このイベント設定にはまると時が経つのを忘れます。

| | コメント (2)

2018年12月21日 (金)

ポイント位置見直し

Kib181221_1

自動運転の設定をしながら試運転を繰り返しているうち、いろいろ不具合が見えてきました。

先を考えてなかったため、駅への進入ルートが共用のため同時走行できないことが露呈。

変更後↓
Kib181221_2

そこでポイントを移設し分離走行できるように改良。テーブル脚位置も移動させています。

反対側↓

Kib181221_3

こちらも、あまり考えを巡らせなかったので現実には機能しない線路配置となってました。

変更後↓
Kib181221_4

ポイントの位置変更。こちらもテーブル脚に干渉するため、脚位置の変更が必要です。ところが、台座天板の大きさ不足で簡単にいかず、天板を改造しての大事となってしまいました。

レイアウト上でのポイント入替はコードもないので実に簡単ですが、CS3の路線図変更やらイベントの設定変更の方がずっと手間が掛かりました。

これで、終端折返しシャトルも、Wスリップからのリバースシャトルもスムーズに行えるようになりました。

次はエンドレス2本の組み合わせによる自動運転設定に入ります。

| | コメント (2)

2018年12月11日 (火)

HO運転席

Kib181211_2


Kib181211_1

こちらはHOの運転席です。周辺機器類は反対側のN運転席下の奥に、台を作って設置しています。

コントローラー以外にも何かと機材が増えてきました。真ん中の黒い箱がm84デコーダという代物で、3Pのデジタルスイッチの役割をしてくれるというツールです。

まだまだ機能を使い切れませんが、この箱で自動運転にかなり応用が利きそうです。

取り敢えずは、リバースルートのWスリップ再通過の自動選択に役立っています。

これから、自動運転設定の編集に取り掛かります。

事故多発の予感がします・・・。

| | コメント (0)

2018年11月29日 (木)

テーブル照明

Kib181129_2

Kib181129_1

脚台座の裏面に照明を取り付けてみました。

2段式になってる為、下段はどうしても暗くなり、せっかくの車両達も映えません。そこで、各テーブルにLEDバー照明を設置しライトアップする作業に取り掛かってます。

試しに2カ所設置し、どんな感じか見てみました。

黄味がやや強いですけが、いい雰囲気となりました。ワイヤレススイッチ付の2段階調光になってますので、操作は便利です。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧