2024年1月 1日 (月)

見晴らしデッキ

Kib2401011

新年明けましておめでとうございます。

今年はGゲージ庭園鉄道を復活させようと考えています。

先に作ったのが、庭を少し上から眺められるウッドデッキです。1枚板のカウンターテーブル越しに模型を眺める企みです。

「鉄道模型が走る庭」といったところです。

Kib2401012

今、ここから見えるのは、バラバラになってる線路や朽ち果てた木部です。かれこれ20年以上経ちますが、ずいぶん長い期間ほったらかしとなってました。

 

Kib2401013

これを復活させるというより、作り直します。

線路はまだ使えそうです。長期間屋外にさらされたにしては、すごい耐候性です。

地中のコード類は結露でダメージを受けているので使えません。

Kib2401014

木で作ってあった工作物は朽ち果てています。使った木が屋外での耐久性が低いタイプだと、塗装したところで持ちません。

次はしっかりとしたアイアンウッドを使う予定です。

Kib2401015

路線配置はガラリと変更します。

外周を走っていたラック線は内側に持ってきて、ループにする計画です。外周はフェンス際まで寄せていた線路を少し内側にしてメンテナンスしやすいようスペースを空けコンパクトにまとめます。

ガーデンは木の剪定やら肥料やりなど何かと手入れが必要です。剪定では3本脚立を使いますので、線路が邪魔をすると脚立が立てれません。

レールの清掃やポイントマシンの保守も足場が確保されていないとやりづらくて、腰痛、膝痛を悪化させます。やがて走らせるのさえ面倒になってきます。それらの反省やら経験を生かして改修していくつもりです。

 

庭園鉄道は自然の中なので見た目よりも過酷です。

冬は寒い。渡り鳥が木の実を食べて、線路はふんだらけ。

春は花粉が飛ぶ、黄砂もやってくる。そして虫たちが一斉に登場してくる。スズメバチも蜜を吸いにやってくる、カエルやトカゲも居るしジョロウグモの網に掛かったりもする。危険なヤツも居れば庭の防衛隊的なヤツも居る。

夏は蝉時雨で朝からやかましい。酷暑日はレールでやけどする。そもそも夏は暑くてできない。

季節が安定する秋は、夏が長くなった分短いし、ヤブ蚊もまだまだ生き残っている。

いったい快適に走らせるのいつかってのが現実ですが、自然とはこんなものです。

模型の知識も必要ですが、土壌のこと、植物のこと、庭に来る生物たちのことや、ガーデンデザインなど領域がとても広く、ボケ防止に役に立つのではと思います。

始まりは重い石の移動からスタートです。この庭、もともと和風の庭だったので石がゴロゴロしています。

 

| | コメント (0)

2023年10月12日 (木)

居場所を確保

Kib202310121

やまなみの壁穴セクション。

出展時のみの出番なので、押し入れに入れぱなしではもったいない気が…。

そこで、普段はここに居場所を確保しました。

ほぼ常設状態となるので、いまいち背景が寂しい感じ。

Kib202310122

そこで、ポスターパネルを入れてみます。

サイズが合わないので、もったいないけど思い切ってカットします。

Kib202310123

こんな感じで収まりました。

こうなると、建物照明も点灯したくなります。

Kib202310124

試しに

やまなみラインは全方向タイプのレイアウトなのでバックパネルがありません。

眺めている分には良いですが、写真を撮ると模型の世界に向こう側の現実世界が映り込みます。

先ほどのポスターパネルを置いて、今作りかけている場所を写してみました。

いい感じに見えます。

ただ、パネルの設置方法とパネル側からは見えないという問題が発生しますので、今後の宿題とします。

| | コメント (0)

2023年9月 1日 (金)

やまなみライン追加工事

Kib202309013

スイッチバック線の高原駅から接続する山岳線を延伸させる工事に着手しました。

アーチ鉄橋の背景が無かったので、イマイチ落ち着かない雰囲気でしたが、上に鉄橋が通ることによって背景もできます。

高さのある橋脚(25センチ)が見どころとなりそうです。

Kib202309012

これは山頂駅にする建物。

解体してしまった旧レイアウトから撤去したもので、ガラス棚にずうーっと眠ってたのを20年振りに引っ張り出して、表舞台へと復帰させます。

この駅は何とかして使いたかったので、少し規模が大きいですが、植林でバランスさせ使うことにしました。

Kib202309011

線路配置を架設にて検証中です。

自動ユニットで往復する運転方式として腕木信号も連動させる計画です。

ここも、組み立て式で持ち出し可能構造となります。積込スペースも何とかなりそうです。(たぶん大丈夫)

来年の夏には完成予定です。

 

 

| | コメント (0)

2023年8月22日 (火)

JAM2023お立ち寄りありがとうございました

Kib20230822

2023国際鉄道模型コンベンション、盛況のうちに無事終了しました。

当ブースへのお立ち寄り感謝いたします。

また、お声掛けもたくさんいただき、ありがとうございました。

「やまなみライン」は昨年に続く2回目の展示で、壁穴の追加セクションと植栽を少し増やすなど、変わってないようですが、見栄えの改善を図ってみました。

次回は、まだ完成していないセクションを作り込んで出展したいと考えています。

| | コメント (0)

2023年8月 8日 (火)

2023 国際鉄道模型コンベンションに出展します。

Map2023yamanami

2023年8月18~20、東京ビッグサイトにて開催される「第22回 国際鉄道模型コンベンション」に個人出展します。

出展名は「木こり鉄道~やまなみライン」ブースNo.FM06です。

 

昨年に続く「やまなみライン」の展示ですが、今年は新たに「壁の街と村」を追加しています。

自宅では、そこに壁が立ちはだかって景色の邪魔をしているのですが

出展時は何も無いので、そこを埋める小さなセクションを新たに設けました。

 

この景色は「出展時しかお目にかかれない」しかも、作ってる本人さえも見たことがないシーンなので楽しみです。

会場へお越しの際は、当ブースへもお立ち寄りいただければ幸いです。

 

イベントの詳細は下記です。

https://kokusaitetsudoumokei-convention.jp/

 

 

| | コメント (0)

見られない景色

Kib202308083

常設時は壁ですが、出展など、別の場所で展開すると、この壁が無いので印象が相当違って見えます。

そこで、出展時だけセットできる。幅1000ミリ、奥行き140ミリの

壁穴スペースを埋め込むセクションをコツコツと作ってきましたが、やっと完成しました。

小さくても、景色の奥行きがとれて効果抜群です。

Kib202308081

セクションは上段の村と下段の街の2つに分かれています。

小さくても木こり鉄道の要素はしっかり取り入れています。

キラキラ水面、コルク岩、グリーンマット、会話が聞こえるような人配置、花の植栽などを盛り込んでいます。

とても残念なのは、この景色を常設で見られないことです。

| | コメント (0)

2023年5月 8日 (月)

壁穴埋め込みセクション

レイアウトのど真ん中にある壁、良いことも悪いこともある。

建物の構造上撤去する事もできません。

Kib202305084

イベントなどで出展すると、壁部分がポッカリと空きます。

パネルなどで、ごまかしていますが、ここへストラクチャーを配した埋め込みセクションを作ってみます。

 

Kib202305081

穴埋めパネルの支えとなる脚を置きます。

簡単に設置、撤去ができることも求められますし、積込も可能なサイズとする必要もあります。

Kib202305082

脚を置いたら、上からパネルを乗せます。2枚仕立てで上下段差があります。

奥行きは14センチ程度で、幅は約1mです。

Kib202305083

ここに何が入るの?という狭いスペースですが、いろいろ詰め込んでいきます。

出展時のみ使用しますので、普段は使えません。眠らせるのも、もったいないので、ガラス棚に飾れる兼用仕様にします。

 

 

| | コメント (0)

2023年4月29日 (土)

バラがお出迎え

Kib20230428

レイアウトのある小屋入り口に、この冬バラ苗を植え込みました。

低いところでありますが、大きな花を咲かせました。スパニッシュビューティーというつるバラです。

虫と戦いながら5年後はアイアンフェンスを登って屋根庇づたいまで伸びたらと、成長を楽しみにしています。

この短い時期だけですが、いかつい鉄道ランタンに花を添えて、遊びに来られる方をお出迎えします。

| | コメント (0)

2023年4月26日 (水)

木こりWORLDライン

ゲストラインとして作った、新設の組み立て式レイアウトです。

「しまなみライン」「やまなみライン」をぐるりと取り囲むように配置した全長20mの複線エンドレスです。

ゲストが来られた時、走らせたいけど、いろいろ入線車両への制約条件がありましたが、この「木こりWORLDライン」は、勾配を無くし、カーブもゆるやかに、ポイントも最小限にしてできる限り制約条件を取り払った設定にしました。

ゲストの方が来られても気軽に走行を楽しめるように作ってみました。もちろん一番楽しんでるのは私です。

まだ製作中ですが、ざっと1周しながら紹介します。

Kib20230426_1

スタートは駅から~内回りはホーム1本でポイントもありません。

外回りは島式ホーム1本、4線で、合計5編成を運行させることができます。

 

Kib20230426_2

引き出し式のチョイ置きテーブルもあります。

 

Kib20230426_3

コントローラー台の下には、車両ケースワゴンや、サブコントローラー置きの棚も配備しました。

ここは敢えて、固定の運転席は設けていません。立ち席運転台となります。

自ら移動して絶景ポイントから眺めるスタイルです。

 

Kib20230426_14_20230426143102

駅を出発すると、6連の複線ポニートラスを渡ります。

水上コテージをかすめて走ります。設置上海の下を走ります。

 

Kib20230426_5_20230426143102

カーブを抜けると、単線トラスが続くスネーク区間に入ります。

 

Kib20230426_10_20230426143101

右に、左に、くねくねと走る姿が面白いところです。

 

Kib20230426_12_20230426143101

風車のあるカーブをゆったりと抜けます。

TOMIXの規格レールを使っています。最小354R~605Rです。

 

Kib20230426_9_20230426143102

曲弦トラス区間です。この橋はメインの運転席に入る入り口に架かっています。

入るときは、上下の橋の間をくぐります。油断すると体をぶつけます。

でも、大丈夫…、わざと壊れるように作ってあるので。

 

Kib20230426_8_20230426143102

5連ガーターとアンダートラスの組み合わせです。

 

Kib20230426_7_20230426143102

連続して、6連ガーター区間に入ります。

バックは「やまなみライン」に変わります。

 

Kib20230426_4

作れるようで、作れなかった、連続ガーター区間をやっと実現できました。

 

Kib20230426_11

洞窟カーブに入ります。黄色い壁の穴の中は別世界が広がっています。

90度コーナーにはカントレールを入れています。

      

Kib20230426_13_20230426143102

最後に4連の複線トラスを渡ると、駅に戻ります。

レール高さは85センチです。運悪く、落下すると100%壊れます。

通常の運転では落下することは、まずありませんが、脱線やカプラー外れで置いてけぼり車両との衝突など、思わぬトラブルによる落下を防止するため、少し高さのある見切り材を外周に取り付ける予定でいます。

組み立て式なので、シーナリィやストラクチャーはありません。

しまなみ、やまなみを借景とする企画のレイアウトとなっています。

これから細部の製作に入ります。

| | コメント (0)

2023年1月 1日 (日)

レイアウトハウス

マンションの一室から、ここに移設して20年余りが経ちました。

その間、解体・改造を幾度も重ね、今はレイアアウトハウス状態となっています。

レイアウトを収めるため、建屋のリフォームも平行しながらコツコツと進めて来ました。

もう、模型作ってるのか、日曜大工やってるのか分からないぐらいになっています。

Kib2212311

3重構造のレイアウトとなりました。

下段がメルクリンHO、上段はNレイアウト「しまなみライン・やまなみライン」それを取り囲むのがNのゲストラインです。

Kib2212312

先に作ったラウンジコーナーからは、今年やっと主役の「やまなみライン」が眺められるようになりました。

Kib2212313

手前が「しまなみ」奥が「やまなみ」です。

そして、それを駅で繋ぐのが「まちなみライン」で、ここはまだシーナリィがついていません。今年は「まちなみライン」の製作を進めます。

ゲストラインも基本構成まで出来ただけですので、これから仕上げに入っていきます。

頭の中では、やることが幾つも湧いてますので、少しずつ形にしていきたいと思っています。

| | コメント (0)

2022年9月27日 (火)

カフェスタンド

Ki_b2209271

狭い部屋にカフェスタンドをねじ込んでみようと企んでいます。

コーヒーの香りがただようレイアウト空間には漠然とした憧れがあって、いつかは実現したいと。

ペーパードリップの機材は今後設置していく予定です。

| | コメント (0)

2022年9月12日 (月)

スネークライン

ゲストラインの一つの見どころ、連続S字カーブ区間です。

Ki_b2209121

既設の「しまなみライン」に沿って設置しています。

通路を確保すると、蛇のようにくねくねと曲がったコース取りとなりました。

Ki_b2209122

試しに走らせてみると、これが案外よくて逆に見どころとなりました。R605でゆるくしてるで、そんなにくねくね感はありません。

それより、鉄橋が在庫切れという状況は、進捗に水を差された感となっています。

| | コメント (2)

2022年9月 9日 (金)

ゲストライン新設に着手

やまなみラインの製作が一段落したところで、次なる企画へと進めます。

レイアウトを見に来られた方や、仲間の集まりなど、気軽にどんな車両も(Nゲージ)ささっと走らせることが出来る「ゲストライン」を新設する工事に着手しました。

先ずはルートを決める仮設作業から始めます。

Ki_b2209094

ゲストラインはNレイアウト「しまなみ」「やまなみ」を借景にぐるりと一周する全長20mの複線エンドレスです。

内回りはポイントレスでトラブルを最小限に抑えた構成です。外周りは側線を1本に絞った島式ホームを有する構成で、全部で3編成を扱います。

どちらも最小345R~最大605Rで勾配は付けていません。レールはTOMIXを使っています。

Ki_b2209093

ここはダブルで橋が架かるので、奥のオーナー運転席へは橋の間をくぐり抜けて入ります。下のメルクリン鉄橋の下を床に仰向けになって滑り込むという手段もあります。

いろいろ試した結果、間をくぐり抜けるのが手っ取り早いという事になりました。

橋を取り外し式か、跳ね上げ式にすればスマートでかっこいいのですが、その課題は先送りです。

Ki_b2209092

出来たての「やまなみライン」の前を通ります。

このゲストラインは床から70センチの高さを通しますので、トラブルで車両が落下するとほぼ壊れます。ちなみに「やまなみライン」から落下すると修理不能なぐらいに破壊されます。

落下防止対策として、危険地帯に低いアクリル板をガードレールのように取り付ける案を検討しています。そんな物は邪魔という時は外せるような構造にします。

Ki_b2209095

なるべく橋を多くして、安全を確保します。

この先、左に曲がると駅に入ります。90度コーナーはカント付レールを使います。

周回コースは単調なぐるぐる回りになりやすいので、細かなS字カーブを幾つか入れて、走る列車の表情を引き出して見飽きないようなコース取りを意識しています。

Ki_b2209091

下を走るメルクリン線の視界も妨げないよう、受けるアームの数を最小にしたり小さくしたりします。

まだ部材が入手できなかったりで、一気に作る事は出来ませんが、路盤は9月中に完成させ仮開通を目指しています。

| | コメント (0)

2022年8月23日 (火)

ブースお立ち寄りありがとうございました。

Ki_b2208192

2022国際鉄道模型コンベンション無事終了しました。

期間中、多くの方に「木こり鉄道」ブースへお立ち寄りいただき感謝します。また、いろいろとお声掛けを下さりありがとうございました。

イベント直前まで製作し、何とか完成にこぎ着けました。今後、さらに磨きを掛けながら発展させていくつもりです。

 

 

| | コメント (0)

2022年8月12日 (金)

命を吹き込む

レイアウト製作の最終仕上げ「命を吹き込む」人の配置に取り掛かっています。

肝心なのは、人材の確保です。たいがい「欲しい人が居ない」という状況に陥ります。そこで、今回はプランニングの段階から採用活動を行い人事に力を入れてきました。

一部をご紹介

Ki_b22081214

↑熊石の上から滝を眺めるハイカー。足を滑らせたらドボンです。

 

Ki_b22081217

↑高原の定番「羊飼い」 ひつじの並べ方、やってみると難しい。

 

Ki_b2208128

↑ゴルフ大好きで庭にパッティンググリーンまで作った。これからカントリーへお出かけです。

 

Ki_b22081212

↑家族でたのしいキャンプ。暗いとチラチラ火が見えます。

 

Ki_b22081213

↑ちょいと一息、ここの湧水は美味しい。

 

Ki_b22081216

↑高原のチャペルで結婚式を終えた二人。ラベンダー畑の中で記念撮影。

 

Ki_b22081215

↑「しっかり働いて」とカミさんに言われているかは、見る人の想像です。

 

Ki_b2208127

↑動物好きの家は犬、山羊、鹿、リスもいます。逃げていかないのでしょうか。

 

Ki_b2208122

↑木陰で寛ぐ、爽やかな風も吹く

 

Ki_b2208124

↑花畑の中をハイキング、腹減ったのでこれからレストランで食事です。

 

Ki_b2208123

↑手入れされた庭は花いっぱい。ガーデナーの家です。オープンガーデンのメンバーです。

 

Ki_b2208125

↑広場では大道芸が、子ども達はお菓子をもらえます。大人はおひねりを。

 

Ki_b2208121

↑宿泊ができる古城です。お泊まりのお客様へ歓迎セレモニーのサプライズです。

 

Ki_b22081211

↑ドラム缶筏の渡しに乗ってきたご老人「足元、注意して下りてくださいね」

 

Ki_b22081210

↑滝見のテラスは絶景です。お値段も高そうですね。

 

Ki_b2208129

↑木漏れ日で一休みは牛の方でしょうか。

こんな感じで、レイアウトには様々なシーンを散りばめています。

以前、出来上がってから人を配置して大失敗しました。

今回は、会話が聞こえるようなシーンをつくるよう、製作の段階から人の配置も考慮しながら作ってみました。

「レイアウトは人なり」でしょうか。

いよいよ完成です。試運転調整に入ります。

| | コメント (0)

2022年8月10日 (水)

植林まで追い込んだ

Ki_b2208103

最終No.1ブロックのグランドカバーまで終わったところです。

このあと、木を作ったら植林作業に取り掛かります。

Ki_b2208101

古城駅周辺も賑やかになってきました。観光馬車が門をくぐって駅まで来ます。

Ki_b2208102

積込高さ制限があるので36センチ以内に収めないといけません。古城の屋根がギリギリです。城壁の塔は制限オーバーしているので、倒せる構造にしています。

植林も高さのある木は植えられませんので、調子に乗って植えてるとドツボにはまります。とにかく持ち出すとなると、製作面での工夫が必須となります。

| | コメント (0)

2022年8月 4日 (木)

古城駅は路面風になった

Ki_b2208042

スイッチバック線の始発駅周辺です。ここは製作立ち上げ時どうするか何も決まってない白紙状態で着工スタートしてます。

古城を置き、城壁を並べたりしていくうち、スペースの関係もあり、最終的に路面スタイルの駅となりました。スタート時には全く想像もしていなかったシーンが出来上がってきます。そうした製作の流れもレイアウト作りの楽しさです。

Ki_b2208041

城壁の門に派手な装飾を施しています。旧市街によくある壁付のランプ、実際のも大きいですが、ここでは大きすぎるランプですがHOサイズしか入手できなかったので、デザイン優先スケール妥協で取り付けています。

点灯するといい雰囲気になります。このランプLEDではなく電球仕様です。

壁の上にくっついているメダルは「おみやげ」です。ユングフラウ鉄道100周年のピンバッチが引き出しの中に眠っていたので、ここで活躍してもらいます。

 

| | コメント (2)

2022年8月 3日 (水)

ラストスパート

Ki_b2208031

最終ブロックの古城エリアです。まだこんな姿ですが、10日で何とかするつもりです。

LEDを仕込んだり、遮光のための入れ子を作ったり、配線を取り回したりと、見えない部分に手間が掛かっています。景色に着手すると一気に出来上がってきます。(たぶん)

20年前に買ったFallerの教会鐘サウンドboxを発掘したので、それを復活させたいと考えています。鐘のサウンドといっても、収録されているのは重厚な教会をイメージしたもので、このレイアウトにはそんな教会もありませんし…。せっかくなので諦めるのももったいない。そこで思い付いたのが、城壁の塔が立派なので、これを鐘塔に仕様変更しカリオンとして活かすことにしました。毎正時タイマーで作動させる計画です。

| | コメント (0)

手書き看板

Ki_b2208032

レイアウトの看板を書いてもらいました。クラフト系のイベントに出展されてる方で、レトロ風のオイルペイント手書きです。

これまでにレイアウトの看板を何枚か作ってもいました。先月、長野の方へ出かける事があり、その時のイベント会場で「やまなみライン」を新たに作っていただきました。

やまなみラインは常設時は壁を挟んで設置されています。出展での設営では、壁部分がポッカリと穴が空いた空間になります。そのままでは間抜けな姿なので、今回はパネルを立てて、そこにこの看板を掲げます。

 

| | コメント (0)

2022年8月 1日 (月)

国際鉄道模型コンベンションに出展します

2022

2022年8月19~21東京ビックサイトにて開催の「第21回・国際鉄道模型コンベンション」に出展します。

出展名は[木こり鉄道 やまなみライン]です。

会場にお出かけの機会がありましたら、当ブースへもお立ち寄りいただけるとありがたいです。またお気軽にお声掛けください。

カミさんと二人での個人出展です。レイアウトにボリュームがあるので、設営が無事にやれるかが心配なところではあります。

「やまなみライン」初展示となります。完成予定が遅れて今も製作中ですが、なんとかお盆までには仕上げて持ち込みたいと思います。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          このイベントの詳細は下記です。

https://kokusaitetsudoumokei-convention.jp/

| | コメント (0)

«ロックガーデン