« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006年2月22日 (水)

Gラック作りも楽じゃない

kic060221_1 改装に合わせてGゲージの車両やストラクチャーの収納場所を作っています。一畳のスペースに床から天井までの高さのラックを据え付けてそこに収納する計画なんですが、棚のサイズも大きいので部屋の真ん中に置いて組み立てていました。が、これが後でとんでもない事態になるとは思ってもいませんでした…。

いつになく順調に製作も進み、棚らしく組み上がりました。所定の場所に据え付けるため方向を変えようとした時、その問題が発覚~しかし、誰が見ても解りますよね、目一杯の大きさで作ったものだから方向転換ができないのです。もう最悪の事態です。棚ばかりに気をとられて周りが見えてませんでしたね。

kic060221_3ここまで作ったのを今さらバラす気にはなれないし、こうなったら横に寝かしたりひねったりモーグルの3Dのように立体的に転回して収めるしかありません。引っ越し屋さんみたいです。

何とか無事収めることができホッとしました。後は枠を作って引戸を入れたら完成です。ここが終わったら次はNレイアウトの解体です。

|

2006年2月21日 (火)

見晴らし部屋改装中

kic060220_1 以前、縁側であったところです。床も抜け落ちそう…天井も落ちそうでは「見晴らしテーブル」を置いて庭園鉄道を眺めるにしてもNレイアウトを眺めるにしろ落ち着きません。で、天井を張り替えました。ぐにゃりと曲線カットにしてみましたが特に理由はありません。どうせ素人がやることですし仕上がりもそれなりですので少しは変化を狙ってみました。

ブカブカであった床も張り替えました。ここには前にダイニングテーブルを改造して再生させた「見晴らしテーブル」を置き ます。暖かくなったら全開にして庭を眺kic060220_2めます。

昨年末、大雪が降ってから庭園鉄道の方は、ほかりっ放しになってます。模型からリフォームまで、これも環境整備ということで寒い時期にはちょうどいい作業です。

あと、Gゲージの車両はNと比べると、かなりのボリュームがあります。収納場所を確保しないと、出し入れにも一苦労します。わずか三畳ほどの部屋ですが端っこを押入にして、そこへ収納する計画です。

|

2006年2月14日 (火)

アメーバ形

_d01 新Nレイアウトの基本設計が終わって、そろそろベースの製作に入ろうとした矢先、部屋の改装にまで及んでしまいまいしたが、もう、ここまでくるとレイアウトの方も、もう一捻りしてみようとプランを大幅に変更しました。

この図形ですがレイアウトの輪郭です。アメーバー形の座卓テーブルを作って、その上にレイアウトを展開しようとする企みです。ですからバックパネルはありません。全方向というか周りをぐるりと囲んで眺めることが出来ます。テーブルは3台に分かれる構造として移動や、邪魔な時はバラして隅っこに置いておくことができます。接続部分はスライドレールで対応します。部屋の改装が終わったら製作に着手する予定です。

|

2006年2月13日 (月)

N解体前に大仕事

kic060213_0 Nレイアウトの解体前に片づけておく大仕事がありました。解体というよりも、新たなレイアウトを作り始める前にやっておかねばならない事なんですが。

レイアウトが設置してある部屋はもともと和室で畳が敷いてあったのを板張りに改装し、壁も塗り替えました。しかし天井は40年前のままの状態で、ここは何時か張り替えるつもりでいました。ここでNレイアウトの新規製作に取り掛かると天井の張り替えが困難な状況に陥ることとなりますので、先ずは改装からの着手とkic060213_1なりました。

しかし、さらなる問題が待ちかまえていて、天井改装の前に、この部屋に続く縁側を先に改装しないと全体的に納まらない重大な事実が判明。新レイアウト製作へ向けての長い道のりとなりました。

改装のため一旦移動した箱でうまったベンチ。もう足の踏み場さえありません。隅っこで猫がのんきに寝ています…?でも、これは置物でした~役に立たない見張り役として活躍しています。

kic060213_2

縁側は庭園鉄道とNレイアウトの両方を眺めることが出来る「見晴らし部屋」として現在改装中です。

新レイアウトは、以前の構想とは全く違うアメーバ形のテーブルレイアウトととして生まれ変わる計画です。

|

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »