« 2009年9月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年10月

2009年10月27日 (火)

人口80名

Ki_b091027 モジュール製作の最終段階は「人」です。約80体の人形を散りばめましたが、これぐらいの数は、あっという間にのみ込まれてしまいます。人への投資はばかになりませんが、模型に命を吹き込むという点で重要なポイントなので、欠かせません。

人が居るのと居ないのとでは、レイアウトの方から伝わるストーリーも違うと思います。実際は語りませんが、見る人により、連想するメッセージも違って、それも楽しいかなと。

これで、ほぼ出来上がりです。

| | コメント (0)

2009年10月25日 (日)

フラワーポット

Ki_b091025 緑化の次は花を咲かせます。KATOの標識セットについてた台座が余ってたので、逆さまにしてフラワーポットとして利用しました。全部で20個をモジュール内に散りばめましたが、数の割に少なく感じます。

花はコースターフに水性アクリル(艶消)を筆ではなく竹串の先端にごく少量付けて着色。一色よりも2色の方が見栄えがいいようです。竹串の着色はモジュール内の緑の部分に花を咲かせるのにも便利でした。

| | コメント (0)

2009年10月24日 (土)

光る海

Ki_b091024_3 アクリルパネルの海面下にブルーのLEDを仕込んで遊んでみました。点灯させると波模様がキラキラ引き立つというか、なんともあやしい感じです。暗い中で点灯させると、ますますあやしげな雰囲気で気に入っています。

いろいろやってる中で発見したのはLEDの光をパネルの上から当てると波がキラキラと輝いてとても綺麗に見えます。この効果を狙って本レイアウトの方では水中と水面上からLEDを仕込んでみる計画です。(色はグリーンで)

Ki_b091024_4_2次は花を植えます。

| | コメント (0)

2009年10月23日 (金)

緑化中

Ki_b091023 岩肌の緑化作業がほぼ終わりました。グリーンマットはカットした断面が不自然なので、コースターフなどで隠したり、接着剤で植毛を寝かせたりして目立たないようにしましたが、細部はこれからです。岩から生えている木はトミーテックの樹木で余った枝を利用しています。岩肌が多いので緑とのバランスがなかなかうまくいきませんが…。

本レイアウトの方も、これからこの段階に入ってきますので、一足先に岩肌仕上げや、植林のイメージ確認も出来ました。今回のモジュール製作では幾つかのヒントを得ました。

次はバラスト撒きです

| | コメント (0)

2009年10月20日 (火)

エンドレスユニット

Ki_b091020 こんなものを作って脱線してる余裕はないのですが…

モジュールも接続して初めて本来の機能を発揮するのですが、つなげない時に眠らせておくのも、またもったいない話しです。両端にTOMIXのミニカーブレールを使ったユニットを接続し、2エンドレス化してモジュール単独でも走行可能としました。

Rがきついので、入線できる車両は限られますが、手軽に接続して走らせる事が出来ます。

| | コメント (0)

2009年10月17日 (土)

マット張り完了

Ki_b091017 着工からほぼ一ヶ月、グリーンマット張りまで完了しました。自分の中では最速のスピード製作です。

これから緑化をさらに進めます。岩場の着色も仕上げ段階の勝負どころですが、一番不得意とするところでもあります。着色にはターナーのグレインペイントを使います。

工期が迫って参りましたので、自宅に搬入して只今急ピッチで追い込んでいます。

| | コメント (0)

2009年10月16日 (金)

ヤシの木

Ki_b091015 モジュールの製作に掛かったら、トミーテックより「椰子の木」が発売され、急遽プランを変更することに。当初、湿原にするつもりだったのを海に変え、ヤシの木やソテツを植えてのイメージ転換を図りました。

木の植え込みは、キットに付属している台座をカットしてベースに接着、地面に埋め込んでいます。根元に特徴があるので後から地面に差し込む方法ですと、それが埋もれてしまいます。

グリーンマット張りも終わったので、次は岩肌の着色に入ります。

| | コメント (0)

2009年10月13日 (火)

岩トンネル

Ki_b091013 このモジュールは「木こり鉄道・出張版」という設定ですから、その特徴を出来るだけ盛り込んでいます。上下への立体感 、階段の続く街並み、ロータリーがある道、岩のトンネルなどです。

その岩トンネルですが、枠よりも飛び出してるので、移動時には取り外しが可能にしました。トンネル内には小さな駅もあり、のぞき込むと見えます。待合部分には照明も入れました。

|

2009年10月11日 (日)

灯台~点灯

Kib091011_2 海岸の雰囲気を高めるため灯台を設置しました。光源には3ミリの電球色LEDを組み込んでいます。トップが光で透けるのためアルミホイルを入れて遮光しています。

モジュールも今回よりLED対応となり、楽しみが一つ増えました。灯台が出来たことにより、瑠璃色の海・椰子・白いフェンスと相まって「南国の海岸線」らしくなってまいりました。

次は植林です。

| | コメント (0)

マット張り中

Kib091011 グリーンマット張りと同時進行で、南国らしい雰囲気を出すために「白いフェンス」を張りめぐらせます。山の上には8軒のストラクチャーが並びます。段差は階段でつないでいます。

階段は塩ビ板をカットして曲線に積み上げています。枚数を減らすために2ミリ厚とし、5枚重ねて大量生産しました。

次は灯台を設置します。

| | コメント (0)

2009年10月10日 (土)

バックパネル取りつけ

Kib091010 モジュールですから、接続して走らせる時意外はどこかに保管という事になりますが、せっかくなので飾りとして置いておけるように、周囲にシナ合板(4ミリ厚)に着色した木目仕上のパネルを取りつけました。外側はブラウン系で、内側はセクションのイメージに合わせて「イエロー」としました。

レイアウトなど外周の仕上げは額に相当するところなので重要です。これで全体の印象も引き締まりますし作品のあら隠しにも役立ちます。

次はグリーンマット張りなどです。

| | コメント (0)

2009年10月 5日 (月)

コルクロック工法

Kib091004いつものように、 コルクとスチロール材、ベース板などとの隙間処理や地面の傾斜などは水性の内装用パテを使って地形を整えていきます。乾燥するまでの間にペインティングナイフやブラシ、研磨スポンジのようなものを利用してパターン付けします。このパテも使い慣れて来ましたので作業も早くなりました。

大がかりな工作はこれで一段落です。これから細部に入っていきます。ここからは、時間が掛かる割に外観の変化としては目立ちませんが、細かなところほど見応えがあるのでコツコツといきます。

次は地面の下地着色です。

| | コメント (0)

2009年10月 4日 (日)

海面づくり

Kib091003_2 今回のモジュール作品テーマは「南国の海岸線」です。当初は湿地帯にする計画でしたが、いきなり海に変更です。

海となると波の表現が難しそうですが…。ホームセンターにアクリル板の中で波模様のタイプ(かすみ)があったので、それを利用することにしました。厚み3ミリのものですが、ジグソーを使って表面に傷が付かないよう切り出します。板は波模様面とフラット面になっていますが、検討の結果フラットな面を表側にすることとしました。

Kib091003 海面となるベース板に色づけをします。アクリル板とは訳あって4ミリ浮かせています。

次は地面づくりです。

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2010年1月 »