« 1番テーブルへ | トップページ | 路盤最後は2番テーブル »

2014年7月26日 (土)

路盤ごと傾けて

Ki_b140726Ki_b140726_22番テーブルは内側の急曲線(243R)がもろに出るところで、車両通過時は見栄えのいいものではありません。しかし台枠の幅に制限があるので仕方ありません。

そこで曲線ならばカントを付けて、逆にそれを利用します。ベニヤの路盤ごと傾けてビス固定し、その上に線路を敷設します。本島レイアウトも同じ仕様で作っていて今までのところ、走行にトラブルは発生していませんので、ここでもこの方法を使います。ただ様々な車両があるので何とも言えませんが・・・

S字からカント区間に入るシーンは魅力ありです。このテーブルの隠された楽しみとします。

|

« 1番テーブルへ | トップページ | 路盤最後は2番テーブル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1番テーブルへ | トップページ | 路盤最後は2番テーブル »