« テーブルセッティング | トップページ | 3番テーブル 線路接着 »

2014年7月17日 (木)

3番テーブル路盤

Ki_b1407171~4番までのテーブルが基本セットで、先々5番~7番の追加テーブル製作を計画しています。基本セットの基点となる3番テーブルから線路を敷設していきます。

線路はテーブル天板より7センチほど上げたところを通します。メインレイアウトと同じ仕様で、線路の下を作るために嵩上げしています。これは少しでも平べったく見えないようにするためですが、作る手間は倍以上かかります。

型紙を起こした時に決めたレール配置に基づき、テーブル先端の橋脚位置を決め、裏からネジ(細めのコーススレッド45ミリ)で固定します。中間と、反対側も取り付け、ベニヤ(厚5.5)を線路に沿ってやや大きめに切り出し、現物合わせしながら余分なところをさらに切り落とします。信号のコードやポイントのコード、フィーダー線を通す場所に穴を開けて路盤の出来上がり。

裏面は高架下となるので先に塗っておきました。この辺は順番をうまくやらないと手間ばかり掛かって進みませんでしたが、もう作り慣れたというか、自分の工法が固まってきたのでスムーズにいきます。

|

« テーブルセッティング | トップページ | 3番テーブル 線路接着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テーブルセッティング | トップページ | 3番テーブル 線路接着 »