« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月28日 (金)

地下は迷路

Ki_b141128_3地面ベースが出来たところで、水面の見切りとする角材を着色仕上げして接着。見切材も水面の高さに比例し10、15、20ミリの3段高さにしました。

ベース板の下(地下)はコードスペースです。移動時に風車の羽根が引っ掛かりそうなので、本体ごと取り外せるようにし、その接続用コネクターの収納も兼ねます。

| | コメント (0)

2014年11月27日 (木)

風車ベース(上)

Ki_b141125_2水面高さは5、10、15ミリに設定。上の風車は10ミリと15ミリの水面に掛かっています。

ベースは薄ベニヤをカッターで切り抜いています。内部はコード類と風車取り外し用のコネクターを収めます。 取水口と吐出口の部分は凹ませてます。

中央の水路には小さな橋を掛け、周辺の散策路もつくります。

| | コメント (0)

2014年11月26日 (水)

風車ベース(下)

Ki_b141127風車2基は高さを変えて設置します。風車を取り囲むように広がる水路の高さ3段にして水汲み風車という設定としてみます。

観光用ですので、水辺にはレストハウスや、花いっぱいのガーデンなどを作っていく予定です。

| | コメント (0)

2014年11月25日 (火)

大観覧車

Ki_b141126このレイアウトのアイキャッチ的存在となる観覧車の組立を開始しました。

FALLER製の観覧車ジュピターですが、スケールはHO用です。

レイアウトはNですが、ゴンドラの形状がNに置いても違和感なさそうでしたので、大観覧車として取り入れてみました。

設置場所は4番テーブルのショッピングパークです。かなり広いスペースを必要とするので、柱で持ち上げ高架式にして下はLRTの車庫として活用します。

本体の高さが50センチ程ありますので、ベース板と土台部分は切り離し可能な2重構造にして、移動時などは取り外して対応することとします。

| | コメント (0)

2014年11月21日 (金)

展望ルート

Ki_b141120Ki_b141120_2駅から灯台まで海抜32センチを登るルートを通し、長い階段にしてみたいと思います。

一つのコルクを斜めに分割切断し、セットバックさせながら接着し階段スペースの確保をしました。スタイロを土台にして、ずらして取り付けます。

この先、階段のステップを作っていくのが大変そうですが、このテーブルの見どころの一つとしたいと考えています。

| | コメント (0)

2014年11月20日 (木)

凹みの中に駅

Ki_b141121テーブル面を直に走るパークラインの終端駅は凹みの中にあります。というより結果的に、こんな谷の中に入ってしまったんですが。

見る方向によって隠れて全く見えなくなります。風車方向から灯台を見上げるアングルではこの駅は入りません。

| | コメント (0)

2014年11月19日 (水)

腕木信号アクション

Ki_b141119パークライン終端駅の出発信号に腕木信号を設置してみました。

狙いは、出発信号が変わる→列車が動き出すというシーンを取り入れたかったためです。

自動運転ユニットと腕木信号との組み合わせで意外と簡単に実現できました。モード2でのポイント接続を腕木の方に変えて接続しています。

終端駅停止→腕木切り替わり→反転出発→中間駅停止・出発→終端駅停止→腕木切り替わり→反転出発~という繰り返しです。途中駅手前に場内通過信号を設置して、そちらと同時に切り替わります。

| | コメント (0)

2014年11月18日 (火)

牧場予定地

Ki_b141118エンドレスの内側は牧場とパークラインの終端駅が入ります。

この駅から灯台展望台、ひまわり牧場、風車の里へとつながる設定とします。

線路と牧場ベース板のすき間はスタイロで埋めました。このすき間埋めの順番というか、段取りがまずかったので、手が届かなかったりスタイロが入らなかったりで牧場ベース板を幾度か取り外すハメとなりました。

| | コメント (0)

2014年11月17日 (月)

コードスペース

Ki_b141117このレイアウトのスタイル、天板タイプで苦労するのはコードの取り回しです。

裏面は通せるエリアが限られていますので、アクセサリー類のコードは天板上を通します。端子板の収納スペースを高架下や山の中に確保し、そこから各所に引っ張っています。

シーナリィーが出来る前にあらかじめ通しておかないと、後からは大変な手間だったり、壊さないと通せない事態にもなります。念のため、予備線を通しておきました。

完成が近づくと、ここにも照明が欲しかったなぁ~と言う事はよくありますので。

| | コメント (0)

2014年11月14日 (金)

灯台風景

Ki_b141114灯台周辺はこんな感じとなりました。天板が少し出っ張ってるところが海となります。

コルクの岩肌だけでくどいですが、この先、緑を入れてバランスを取っていきます。

灯台は高さ制限を超えてますので、移動時は取り外して対応します。

| | コメント (0)

2014年11月13日 (木)

2連風車

Ki_b1411132番テーブル端っこの、一段下がったエリアには風車を置きます。

レイアウト全体がテーマパーク仕立てで「風車の里」というイメージの水辺風景を狙っています。

水をうまく張れるかが最大の課題となります。いつもイメージ倒れ(実際出来ると大したことない)に終わりますので。

羽根の試運転も無事終了しました。FALLERのACモーターは本体に回転方向を切り替えるレバーが付いています。組み立ててからだと切り替えスイッチに手が届きませんので、始めに回転方向を確認する必要ありです。(この風車は反時計回りの設定となります)

| | コメント (0)

2014年11月12日 (水)

岩山バックパネル

Ki_b141111全方位レイアウトですが、岩山の端は壁なのでシーナリィーとしては連続しません。持ち出し時のため、こうした端部処理にはバックパネルを入れます。

このパネルはメンテナンス時の開口部も兼ねます。アクセサリー配線の端子板などはこのスペースに収納して、ハンダ付け作業はテーブル上で行います。(ひっくり返したくない)

パネルはシナ合板4ミリ厚で着色は表と裏を色替えにする予定です。

| | コメント (0)

2014年11月11日 (火)

すき間埋め

Ki_b141112コルク同士はぴったりとかみ合わないので、すき間は余り気にせず組んでいきます。

大きなすき間や、コルク材のバックアップ、適当なコルクが無い場合などスタイロを使います。カッターで簡単に形がつけれるのでコルクより便利です。

大きく凹んだ箇所やスタイロ部は、後の工程でパテ処理をし岩肌の調整をする予定です。

| | コメント (0)

2014年11月10日 (月)

灯台

Ki_b141110ここのランドマークは灯台です。有効高さギリギリまで嵩上げします。使ってる灯台はマツモデルデザインの大瀬崎灯台キットです。 縮尺1/200ですが違和感全くありません。

この灯台を見栄え良くするには、これからはめ込むコルク岩の組み方次第となります。

| | コメント (0)

2014年11月 7日 (金)

アクセサリースイッチ

Ki_b1411072番テーブル、LEDの海面演出や灯台、風車などアクセサリー類のON・OFFが個別に出来るよう裏面にスイッチを取付ています。

他のテーブルも何らかのアクセサリー類を設置していますので同様にスイッチを付けています。

走行系よりもアクセサリ系の電気配線に手間が掛かっています。

| | コメント (0)

2014年11月 6日 (木)

テーブル裏面

Ki_b1411062番テーブルの裏面です。先に裏側での作業を済ませておかないと、後々ひっくり返すのも大変ですから。

茶色の板は端子やコード類などゴチャゴチャ物のアラ隠しです。普段は台座の上に置いてあり見えませんが、持ち出し時はテーブルに脚を取り付けますので、丸見えとなるのを防ぐためです。

裏側はビスだらけで綺麗ではありませんが・・・

| | コメント (0)

2014年11月 5日 (水)

ここは取りあえず終りに

Ki_b1411051番テーブル、リゾートホテルの建物位置が決まり、やっと全貌が見えてきました。

ここは建物と地形を絡めながらの同時製作となり、現物合わせで作っていきましたが、かなり苦戦しました。

これで大まかなところまでは到達です。後は地面やプール、海面、照明、街灯、植林など、まだまだ盛りだくさんですが、ここは一旦切りにして、次の2番テーブルへと進みます。

| | コメント (0)

2014年11月 4日 (火)

ラリック保存車

Ki_b141104オリエント急行のラリック美術館保存車が発売されたので置いてみました。

トレインカフェの設定ですが、建物が込み入ってるので写真が撮れません・・・

テーブルランプが点灯する仕様となっていますので、レールに電源をつなげる予定です。

| | コメント (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »