« テーブル足元ライトアップ | トップページ

2020年1月 1日 (水)

やまなみライン製作開始

 新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

 

森と湖のレイアウト「やまなみライン」の製作に本格的に着手しました。

完成予定を設けないと、ズルズルと行きそうなので2021年の夏までに目処を付けたいと思います。

先ずは台枠を作ってから、積込と持ち出しの検証をします。

   Ki_b2001014

メルクリンやらテーブル収納を作ってる間に、一番肝心の高原部分の型紙が紛失…。

記憶を頼りに再現というか、新たに型紙を起こしての再スタートとなりました。

「やまなみライン」の構造は分割式レイアウトで行きます。

8畳間いっぱいの、大きめのレイアウトですが、分割して持ち運び可能な構造を特徴とします。

これは「しまなみライン」から受け継いだ木こり鉄道のコンセプトでもあります。

分割式となると、様々な課題が予測されますが、それをクリアしていくのもレイアウト作りの魅力と楽しさでもあります。

   Ki_b2001015 

分割式の弱点を逆に利用し、一部のパネルを交換式にしてみます。

ここは鉄橋の下の部分に当たるところですが、湖だったり、川だったり、村だったり、街だったりとチェンジ可能にして

いつまでも楽しめるレイアウトにします。

これは過去の実体験から得た粗大ゴミ化の防止策でもあります。

Ki_b2001012

部屋と壁を挟んだ、決して良くない設置環境ですが、こんな感じで展開します。

奥が高原となる予定です。

すでに敷いてある線路は「まちなみライン」のもので、これから作る「やまなみライン」とは接続せず独立していて、テーブルの一部を共用する形となってます。

Ki_b2001013 

最大の壁は、まさにこの「壁」です。ここだけ見ると、視覚的には致命傷みたいですが

手前には、海を中心とした風景の「しまなみライン」が広がっていますので、風景を区切るには丁度良い壁となってます。

持ち出すとポッカリと穴が空くので、ここは何か仕掛けが出来そうな予感がします。

Ki_b2001016 

次は実際に持ち出して組み上がるかの確認です。先ずはベタ置きでドッキング。

テーブルは4分割構造で、それぞれが部屋のドアを通過でき、さらに車に積載できるサイズとしました。

 Ki_b2001017 

持ち出し時(出展など)は脚を付けるので、その状態で水平がキープできるかチェック。

脚は「しまなみライン」のを流用できますので、少し楽できました。やまなみは全部で12本使います。

Ki_b2001018

このテーブルは両サイドから受ける方式を採っていますので、宙吊りとなっています。

引っ張ると落ちるので、何らかの防止策を施す必要有りです。

Ki_b20010110

持ち出しよりも、最も重要なのは車に積込出来るかです。

頭の中では大丈夫でも、実際に載せるとなると予想していない事が起きてきます。

載せる向きにより入らなかったり、組み合わせによりNGだったりと。

まだシーナリィが作ってないペラの状態なので楽に積めましたが、立体になってくると、高さ制限もクリアする必要が有ります。

 

これで「積込」OK!、「持ち出し」OK!です。

いよいよ、これから路盤作成に進みます。

|

« テーブル足元ライトアップ | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テーブル足元ライトアップ | トップページ